• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  -   10:00 AM

美味しいコーヒーを求めて~コーヒーと水のベストバランスを見つける方法


コーヒーの二大要素は、コーヒーと水。では、どれだけのコーヒーに、どれだけの水を入れればいいのでしょうか? そして、その温度はどのくらいがよいのでしょうか? これらのベストバランスを知るには、少々地道な作業が必要のようです

 


ブログメディア「Tested」では、美味しいコーヒーを作るためのコツを紹介しています(冒頭動画参照)。ポイントは、すべてを正しく測り、書き出すこと

この動画では、まず挽く前に、コーヒー豆の量を計測。コーヒー豆を挽いたら、キッチンスケールの上に置いたエアロプレスにコーヒーを入れます。また、お湯の温度を温度計で測り、スケール上で重さの変化を確認しながら、これをエアロプレスに注いでいきます。その後、2分半タイマーで計って、コーヒーを淹れます。

ポイントは、重さ・温度・時間ともに、正しく測ること。この例では、キッチンスケールとして『American Weigh SC-2KG Digital Pocket Scale』を、温度計には『Raytek MiniTemp MT6 infrared thermometer』を使っていますが、これ以外のものであっても、正しく計測できるツールであればOKです。またここでは、キッチンタイマーの代わりに、iPhone用のタイマーアプリを使っています。

この動画によると、コーヒー1gに対して17gの水が、オススメな割合だそうです。ちなみに、エアロプレス派の筆者Kevinは、水1リットルに対して55グラムのコーヒー、もしくは、1.5オンスの「ショット」に8.10グラムのコーヒー(5オンスのレギュラーコーヒー)という「Specialty Coffee Association of America standards」の基準を適用しているとか。

いずれにせよ重要なのは、それぞれを正しく測り、記録をとること。水とコーヒーの割合をどれくらい変えると、味はどう変わるのか? 水の温度を変化させると、どうか? など、実験記録をとってレビューを繰り返していくと、自分にとってのベストバランスが発見できるそうですよ。


Hot Tip: How to Measure Accurately for Great Coffee [Tested]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.