• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   08:00 PM

仕事の生産性を上げるには適度な「インターネットブレイク」が効果的

仕事の生産性を上げるには適度な「インターネットブレイク」が効果的

110405_coffee_break.jpg


メールやTwitter、Facebook、SMSをチェックしながら、YouTubeのビデオを見まくる。これはやりすぎですが、ネットで息抜きしていないようなフリをするのも、それはそれで虚しくなります。遊びすぎずに多少の息抜きはできるように、バランスをうまく取りたいものです。最近の研究では、インターネットでの気晴らしを「コーヒーブレイク」のように考えると、ストレスも溜まらず仕事もはかどると提案されています。

 


雑誌『The New Yorker』のウェブサイトでJames Surowiecki氏が、インターネットでの気晴らしに関する最近の研究について書いていました。その研究では、仕事中の人へボールをパスするビデオを見てもらい、パスの回数を数えてもらいます。被験者のうち何人かは最初にお笑いのビデオを見てもらい、それ以外の被験者には、ボタンを押したらお笑いのビデオが見られる画面を見せながら、そのボタンは押さないように言います。すると、ボタンを押さないようにと言いつけられた被験者の方が、先にお笑いのビデオを見た被験者よりも、はるかにミスが多かったそうです。

なぜ自制心を試されている人たちでは、このような悪い結果が出てしまったのでしょうか? 以前、意志力を試す「マシュマロテスト」について紹介しましたが、人間の自制心は筋肉と同じようなもので、休まずに使い続けると使いすぎの状態になり、力を発揮できなくなるのです。Surowiecki氏は、仕事についても以下のように休憩を勧めています。

20世紀の偉大な発明の一つである「コーヒーブレイク」は、論理的な進化を遂げています。今では考えられないことですが、19世紀では、賃金労働者は立ったままその辺でコーヒーを飲んでいました。しかし、19世紀初頭にBuffaloという会社が、仕事中に短時間の休憩を取る制度を導入。すると19世紀の中頃には、それが会社の重要な習慣となったのです。基本的には、難しい仕事を一旦中断して頭を休ませることが目的ですが、休憩をとることで生産性が保てるのも事実です

皆様は、仕事中に「コーヒーブレイク」ならぬ「インターネットブレイク」は取っていますか? ほんのちょっとの気晴らしのつもりが、気がつくと夢中になってあっという間に時間が過ぎている...といったこともありますが、上手に取り入れられれば良いリフレッシュができ、仕事の生産性も上がるはずです。

適度に「インターネットブレイク」するためのアイデアや、工夫していることなどがあれば、ぜひともコメントで教えてください。


Photo by Dennis Wong.

March Madness and the Cost of Distraction [The New Yorker]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.