• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,  10:00 PM

チャリティにもなる音楽配信サイトまとめ

チャリティにもなる音楽配信サイトまとめ

songforjapan.jpg


こんばんは、早川大地です。

未曾有の大震災を後に、音楽界ではチャリティイベントなどが盛んに行われています。現在、チャリティや寄付、ひいては社会保障というものへの私たち一人一人の意識が変わってきていると思います。

欧米ではもともと宗教観からか、チャリティというものへの意識が社会の中で非常に強いことを感じるのですが、日本はこういった経験を通じて「連帯感」が鍵となって、初めてチャリティが社会に根付くきっかけになるかもしれません。

 


チャリティといっても単なる募金だけでなく、いろいろな形があります。飲食店などでは「食事料金のうち10%を赤十字へ寄付します」といった店も最近は多いです。普通に食事や買い物をしてチャリティにもなるというのは、自分が楽める上にチャリティにもなり、経済活動にもなって、一石二鳥どころか一石三鳥! といってもいいのではないでしょうか。

食事だけでなく、音楽も、買ってチャリティになったら素晴らしいですよね。そんなわけで、音源を買うことでチャリティにもなるサイトのまとめです

iTunes

iTunesでは、Madonna、U2、Eminemといった豪華メンバーによるアルバム『songs for japan』が販売中です。旧曲の詰め合わせ的なコンピレーションアルバムですが、実にお買い得なアルバムです。チャリティじゃなくても買わなきゃって気になります。世界各国で軒並みチャートの1位を独走だとか。


OTOTOY

今回の震災にたいしてとにかく反応が早かったのがこちら。日本の音楽配信サイトの雄、「OTOTOY」です。こちらでは『Play for Japan』というコンピレーションを作り、3月17日から販売をスタートしています。クレジット手数料、著作権料を除いた全額が、日本赤十字社に送られるとのことです。Vol1から6まで出ています。


DIY HEARTS

シンガーソングライターの七尾旅人氏らがスタートさせた配信サイト「DIY STARS」が、今回のチャリティ配信にともない「DIY HEARTS」というサイトをオープンさせました。大友良英、DE DE MOUSE、篠原ともえ、サラーム海上といったアーティストたちの作品を買えます。こちらも、その収益は日本赤十字社を通じて送られるとのこと。


その他、アーティストの配信サイト

そのほか、各アーティストも独自にチャリティ配信などを行っています。The BackhornやKreva、Suzumoku、福島出身のミュージシャンたちによる、猪苗代湖ズ(松田晋二(THE BACK HORN)、山口隆(サンボマスター)、渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、箭内道彦)+福山雅治、平岡恵子・Yongaeらのアーティストによるバンド、UFFもチャリティ配信を行っており、AKBもチャリティ楽曲を現在準備中とのこと。こちらもそれぞれのレーベルサイトなどからダウンロードできます。筆者のバンド、東京エスムジカも今回の震災をきっかけに楽曲を書き下ろし、チャリティ販売をスタートしています。


支援の手は、一過性のブームで終わらせてしまってはいけません。個人が寄付したりできる額は限られていますし、何かきっかけがなければ、なかなか普段は寄付などしないものですよね。いつもと同じように買い物しながら、自然と寄付にもなるようなスタイルが、さまざまな場所で根付くとよりよいのではないかと思います。


ライフハッカー[日本版]編集委員・早川大地+)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.