• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,,  08:00 PM

Googleリーダーに「後で読む」っぽい機能をつける方法

Googleリーダーに「後で読む」っぽい機能をつける方法

110330greader_readlater1.jpg


インターネットには、面白い情報や役立つ記事が無数にあります。気になる記事を発見しても、いつもその場ですぐに読めるとは限りません。そのようなとき、「Instapaper」や「Read It Later」といった「後で読む」系サービスは便利ですが、これらのサービスには別途ログインが必要という若干の手間が...。

そこでこちらでは、Googleリーダーをちょっとカスタマイズすることで、この「後で読む」機能を実装して、必要な情報や記事をストックしておく方法をご紹介しましょう。

 


まず具体的な手順に入る前に、「なぜGoogleリーダーにこだわるのか?」について、少し触れたいと思います。

「後で読む」機能であれば、「Instapaper」や「Read it Later」を使えばいいじゃん! と感じる人も少なからずいるでしょう。たしかに、これらのサービスを使えば、読みたい記事をサクっと保存でき、これをオフラインで読むことも可能です。とはいえ、Googleリーダーには他のサービスにはない利点がいくつかあります。

最大の利点は、他のサービスにユーザ登録する必要も、別のアプリをスマートフォンにダウンロードする必要もないこと。また、Googleリーダーで見つけた記事をわざわざ別のサービスに送って読むのは、やはり手間。Googleリーダーにも、他の「後で読む」系アプリ同様、広告やフォーマットを調整する機能はありますし、Googleリーダー用アプリを使えば、オフライン接続も可能です。後述のとおり、Googleリーダーを少しカスタマイズすれば、RSSフィード上にあろうがなかろうが、インターネットのあらゆる記事をスターつきのアイテムにできます

Googleリーダーのカスタマイズ性も魅力のひとつ。AndroidやiOSデバイス対応のアプリケーションは、数多くリリースされています。また、共有機能を完全に削除するなど、ユーザスクリプトやブラウザ拡張機能を使って、Googleリーダーを自分好みに自由にカスタマイズ可能です。

ポッドキャストやウェブ動画を頻繁に利用する人にとっても、Googleリーダーは優れています。通常のウェブサイトと同様に、RSSフィードを購読すれば、Googleリーダー上でポッドキャストを聴いたり、ウェブ動画を観たりできます。後述のように、Googleリーダーに「後で読む」機能をつければ、気になるコンテンツの「後で聞く」「後で見る」も可能。すべてのメディアを一ヶ所に集約でき、まとめてチェックできるのはいいですね。


■設定方法

ここでは、後で読みたい記事をリストする際、「Instapaper」や「Read it Later」のような他のサービスの代わりに、Googleリーダーの「スター」を使うというのが、基本的な考え方です。キーボードショートカット「s」をたたくだけで、記事に「スター」をつけられます。ただ、「スター」だけでは不十分です。この機能に次のような工夫やツールを組み合わせましょう。

ブックマークレット「Googleリーダーでコメント」

110330greader_readlater2.jpgGoogleリーダーには、「Googleリーダーでコメント(Note In Reader)」というブックマークレットがあります。Googleリーダーのサイドメニューにある「メモ(Notes)」に移動し、このブックマークレットをブックマークバーにドラッグしましょう。こうすれば、このブックマークレットをクリックするだけで、気になる記事をGoogleリーダーへ保存できます。

110330greader_readlater3.jpg他のユーザと共有したくない場合は、「共有アイテムに追加」のチェックを外すか、ユーザスクリプトをインストールして、チェックが外れた状態をデフォルトにしておきましょう。


RSSフィードのフルバージョンをゲット

110330greader_readlater4.jpgGoogleリーダーの「スター」の制約のひとつに、記事によっては、最初の段落しか表示されないという点が挙げられます。記事全体を読むためにウェブサイトへ移動し、またGoogleリーダーに戻ってくるよりは、「WizardRSS」や「Full Text RSS Feed Builder」のような、RSSリーダーに記事を全文表示するサービスを利用すると良いです。


Googleリーダーの見た目をカスタマイズ

110330greader_readlater5.jpgGoogleリーダーは、記事の広告やフォーマットを調整できますが、「Helvetireader」や「Minimalist Google Reader」を使えば、フォントや色など、自分の好みに合わせて、インターフェイスを変えられます。ある特定のカスタマイズをしたい場合は、「Userscripts.org」でユーザスクリプトを探しましょう。


モバイルデバイス

Googleリーダーと同期できる、モバイルデバイス向けRSSアプリはたくさんあります。中でも、以下のものがオススメです。

  • Reeder』(iOSデバイス)
    見た目もよく、オフラインで使え、共有機能もあるGoogleリーダークライアント。iPad/iPhone/iPod touchに対応しています。スター付きアイテムや共有アイテム、Googleリーダーのフィードを同期できるのはもちろん、見た目もスッキリしているので、コンテンツが読みやすいです。すべてのフィードと画像はキャッシュされ、オフラインでも読めます。350円の有償アプリですが、それだけの価値はあります。
  • gReader(Android)
    Android向けのGoogleリーダークライアントは多くありますが、設定の面でいえば、『gReader』がベスト。スター付きアイテムにカンタンにアクセスでき、すべての記事がオフラインで読めるようにキャッシュされます。また、音声ファイルが含まれているRSSフィードから、ポッドキャストをストリーミングすることも可能です。
  • Google Reader Mobile」(すべてのプラットフォーム)
    Android/iOSデバイス以外のモバイルデバイスを使っている場合は、Googleのモバイルサイトがいいでしょう。オフライン接続はできませんが、インターネットに接続できているかぎり「http://reader.google.com」に移動し、タグセクションからスター付きアイテムにアクセスできます。


このように、意外とカンタンな方法で、Googleリーダーに「後で読む」っぽい機能をつけられます。InstapaperやRead it Laterといったサービスのために別アカウントを使う手間が省け、Googleアカウントでオンラインニュースメディアを管理できるのは、シンプルで良いですね。Googleリーダーのヘビーユーザさんは、ぜひお試しを。


Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.