• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 PM

米LH編集部が贈る美味しいコーヒーのDIY事始め

米LH編集部が贈る美味しいコーヒーのDIY事始め

110310tips_for_bettercoffee1.jpg


コンピュータなどと同様、コーヒーはなかなか奥の深い世界。お金をかければ美味しいコーヒーにありつけるというわけでもありませんし、人によってこだわりやポリシー、手法が無数にあるものです

米Lifehacker編集部のKevin Purdyは、コーヒーのエキスパートではありませんが、オフィスや自宅で美味しいコーヒーを安く、早く、カンタンに淹れる方法を追求すべく、ここ1ヶ月間、コーヒー豆の買い方から、保存方法、お湯の温度、コーヒーメーカーグッズなど、様々なポイントから、このテーマを研究。美味しさと手間の絶妙なバランスを探求した結果、次のようなことがわかったそうです。

 


■コーヒーメーカーからの「卒業」

コーヒー粉と水を入れ、ボタンを押すだけで自動的にコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーは、たしかに便利。そこそこの期待値は満たしてくれます。実際、他の方法で淹れたコーヒーと飲み比べたところ、何人かはコーヒーメーカーのほうが美味しいと感じたようです。ただし、コーヒーメーカーを使うにあたって、以下の3点を、頭に入れておきましょう。

1: コーヒーの使用量が2倍になる

コーヒーメーカーでは、コーヒー粉をつたう水の流れが比較的速いので、他の方法に比べて、直接コーヒーに水が当たりづらくなります。ゆえに、コーヒーメーカーを使う場合、6オンス(約170cc)あたり、コーヒー粉大さじ2杯が目安。他の方法なら、大さじ1杯程度で済みます。


2: コーヒーのための三大要素が調整できない

コーヒーを淹れるための三大要素は、水の温度、水に対して使うコーヒーの量、そして、水からコーヒーを出す時間。コーヒーメーカーの場合、コーヒーの量くらいしか調整できず、しかも、あまり厳密には調整できません。


3: カスやにおいが残りがち

ガラス製のカラフェや金属製の容器は、比較的簡単に洗えます。コーヒーを淹れた後は、必ずキレイに洗いましょう。とはいえ、毎回注意深く洗わなければ、チューブや割れ目にカスがたまったり、カラフェにかすかな臭いが出てくることもあります。



■より美味しいコーヒーのための材料と道具

1: 煎りたてコーヒーを買う

110310tips_for_bettercoffee2.jpg
Image via B*2.
煎りたてコーヒーを売っているコーヒー屋さんを探すか、その地域で近くの店に卸しているお店を探しましょう。「適当なお店が見つからないけど、美味しいコーヒーを追求したい」という場合は、青いコーヒー豆を買って、自分で煎るのも手です。詳しくは、米Lifehacker記事「Beginner's Guide to DIY Coffee Bean Roasting(コーヒー豆を自分で煎るための初心者ガイド・英文)」でも紹介されています。

筆者は、煎りたてのコーヒーにはあまり威力を感じなかったそうですが、ロサンゼルスにで訪れたコーヒーショップ「Intelligentsia」では実感したとか。カプチーノは力強い味なのに、重くも苦くもなかったそうです。また、販売されていたコーヒー豆もいい香りだったとのこと。


2: コーヒー豆は適切に保存する

コーヒー豆はその場で煎ったものを購入し、1週間以内に使い切るのが理想。そうでない場合のコツとして、スターバックスの共同創業者Jerry Baldwin氏は、次のようなアドバイスをしています。

長期間保存する場合は、冷凍庫を利用しましょう。たとえば、コーヒー豆を1ポンド買ったら、1週間分ずつに分けること。その週に使うコーヒーは涼しい場所に置くか、封をして冷蔵庫へ。残りは冷凍庫で保存し、1週間づつ取り出して使いましょう。

3: いいグラインダーを使う

110310tips_for_bettercoffee3.jpg円錐型のブレードグラインダーは、ドリップコーヒーを作るのに適しています。ブレードは、ヒトの目では追えないくらい速く回転し、コーヒー豆に何度も当たります。コーヒー愛好家の間では、高速でランダムな角度から切るタイプのものよりも、金属もしくはセラミックの長さがかみ合い、コーヒー豆を一定ですりつぶすタイプのグラインダー(burr grinder)の方が好まれているようです。

ドリップコーヒーやフレンチプレス(French press)、ケメックス(Chemex)のように、粗挽き豆を使ってコーヒーを淹れるときは、いずれであってもそれほど問題ではありませんが、より美味しいコーヒーを追求したい方は、「burr grinder」がオススメです。コーヒーショップ「Gimme Coffee」のこちらの記事(英文)では、両者の違いを画像で紹介しています。また、ライフハッカーアーカイブ記事「コーヒー豆のグラインダーの掃除が超簡単になる目からウロコのお手入れ方法」を参考に、グラインダーのお掃除もお忘れなく。


4: 浄化水・湧き水を使う

水道水はミネラルが多すぎますが、蒸留水はフラットすぎて風味がありません。多くの愛好家によると、コーヒーを淹れる前に水を浄化するのがオススメだとか。


5: 料理用温度計、タイマーなどを活用する

AeroPress派の米Lifehacker編集長Adam Pashは、コンロの上に磁気でくっつける料理用温度計を活用しているそう。また、米LifehackerテクニカルライターのHow-To Geekは、電子ケトルの利用を勧めています。このほか、さまざまなガイドや本に当たったところ、異なる水の分量で、電子レンジやレンジが適切な温度に達するタイミングを計り、記録しておくといいとか。あとはこれに従い、タイマーを使ってお湯を温めればOKです。


6: コーヒーグッズを使う

コーヒーを美味しく淹れるためのグッズは、いろいろあります。主なものは、次のとおり。

  • ケメックス(Chemex)
    価格:『CHEMEX コーヒーメーカー 6カップ』で8,288円(アマゾン)。100枚入りのフィルターは1,890円(アマゾン
    特徴:シンプルで使いやすく、お掃除もカンタン。お湯の温度を華氏195~200度(摂氏90.5~93.3度)にするのがポイント。コーヒーを淹れる時間は、3~5分程度。味は滑らかで苦味はほとんどありません。詳しいガイドはこちらのページ(英文)からどうぞ。
  • フレンチプレス(French Press)
    価格: 『bodum CHAMBORD コーヒーメーカー 350ml 1923-16』が3,360円(アマゾン)。このほか、大きさやデザインによって価格が異なる。
    特徴:コーヒーを淹れるのも、お手入れも、これらの中でおそらく最もトリッキーですが、それほど複雑というわけでもありません。お湯の温度は華氏195~200度(摂氏90.5~93.3度)。4分程度浸したのち、手で押すという仕組み。パンチの強い味が好みの人に向いており、ケメックスほどバラつきがありません。詳しいガイドはこちらのページ(英文)からどうぞ。
  • モカポット(Moka Pot)
    価格:『BIALETTI モカエキスプレス 3cup用』で、3,395円(アマゾン
    特徴: 練習すれば使いやすいですが、焦がすおそれあり。コーヒーを淹れる時間はまちまちで、たいてい4~6分。どうしても苦味や焦げた味が出てしまいやすいため、これらの中では味は一番人気薄です。詳しいガイドはこちらのページ(英文)からどうぞ。

このほか日本では未発売ですが、米Lifehackerでは、エアロプレス(AeroPress)がイチオシ。こちらについては、ライフハッカーアーカイブ記事「手軽に濃いコーヒーを飲みたい時の便利グッズ『エアロプレス』」でもご紹介しています。


このほか、コーヒーにまつわるコツとしては、ライフハッカーアーカイブ記事「お財布に優しい最高のコーヒーの淹れ方」や「ポットにいれたコーヒーを一日中美味しく飲むためのコツ」などもご参考まで。


Image via Mat Honan.

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.