• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matsuoka  - ,,,,,  08:00 PM

2011年3月ブラウザスピード対決:IE 9、Firefox 4、Chrome11など

2011年3月ブラウザスピード対決:IE 9、Firefox 4、Chrome11など

110323browser-speed-tests1.jpg


IE 9(日本語版、リリース延期中)にFirefox 4と、メジャーブラウザがそろって新バージョンをリリース。ChromeOperaも、日々改良が重ねられています。

そこで今回も、すっかりおなじみとなった主要ブラウザに関するスピードテストの結果をご紹介します。

 


米Lifehackerでは、これまでのスピードテストと同様、ブラウザの起動時間、タブ読み込み時間、JavaScriptのパフォーマンス、メモリ使用などについて検証しました。JavaScriptとCSSについては、Apple、Mozilla、Chromeなどが使用しているベンチマークフレームワークを組み合わせたテストを実施しています。

具体的な検証手順については、米Lifehacker記事(英文)をご参照ください。

※注 米Lifehacker読者さんからのコメントによると、今回のテストで利用したIE 9の64-bit版には、32-bitで実装されているJavaScriptの改善の一部がされていないとか。この点をさらに詳細を調べ、必要に応じて、IE 9については、JavaScript/CSSテストを再度実施する予定です。



では、各テストでの勝者を見ていきましょう。各見出しにあるブラウザが勝者です

起動および読み込みスピード:Opera 11

110323browser-speed-tests2.jpg

IE 9は、他のブラウザに比べて、極めて遅い結果に。ただし、この結果には、ウォームスタートは含まれていません。予備テストの結果を見てみると、ウォームスタートした後は、どのブラウザも十分な速さで立ち上がっています。


タブ読み込み:Chrome 10(安定版)

110323browser-speed-tests3.jpg

Google.com、YouTube、Lifehacker、Gizmodoとそれぞれのブラウザのホームページを合わせた9つのタブを読み込んでみたところ、Chrome 10(安定版)が勝者に。わずか2秒の間にひしめき合う接戦となりました。


JavaScript:Chrome 11(Dev版)

110323browser-speed-tests11.jpg

前回のスピードテストを思い出せば、それほど意外な結果ではありません。Chromeの2バージョンに続き、Firefox 4がOpera 11と同程度です。また、IE 9がDromaeoを完全に実行できたことはうれしい限り。


DOM/CSS:Opera 11

110323browser-speed-tests4.jpg

CSSは認識しづらく、脚光を浴びることも少ないですが、ウェブアプリのインタラクティブ性(ユーザーが、画面を見ながら対話するように操作すること)を向上させるためにも重要性が高まっています。

今回のテストでは、Opera 11が、Chromeを抑えて1位に。Firefox 4も、これらとそれほど差はありません。IE 9については、このテストを「完走」してくれたことが、まずはなによりです。


メモリ使用量(拡張機能なし):Chrome(Dev版)とOpera 11

110323browser-speed-tests5.jpg

Chrome(Dev版)とOpera 11がメモリ使用が少ない、という結果に。これらのブラウザは、スタート時に使用するメモリが最小なので、9つのタブの読み込みでも他のブラウザに比べてメモリ使用が少ないです。


メモリ使用量(拡張機能あり):Firefox 4とOpera 11

110323browser-speed-tests6.jpgのサムネール画像

このテスト結果については、まず、ChromeおよびOpera向けの「LastPass」、「Gmail-checking」、「Cooliris」の画像表示拡張機能が、Firefox向けのものよりも軽いという条件があります。

この条件下において、Firefox 4は5つの拡張機能と9つのタブが、メモリ使用が一番少なかったです。Opera 11はすべてのケースにおいて、メモリ使用は少ないまま。Firefoxよりも軽い拡張機能ではありますが、起動時、最小のメモリ使用を記録しました。



■総合スコア

今回のスピードテストにおける総合スコアは、以下のとおりです。

Opera 11: 80%
Chrome 10(安定版): 76%
Chrome 11(Dev版): 68%
Firefox 4: 60%
Internet Explorer 9: 24%


ただし、皆さんすでにご承知のとおり、どのブラウザにもそれぞれ特徴があり「何をもってベストなブラウザというのか?」は、ユーザによって異なります。スピードはそのひとつの評価要素にすぎません。

たとえば、IE 9は、一度立ち上げ、メモリのことを気にしなければ、非常によいブラウザです。一方、今回のテストを見る限り、Chrome 11(Dev版)は、Chrome 10(安定版)よりも、必ずしもよい結果は出ませんでした。

この点を踏まえると、ChromeのDev版に、すぐに手を伸ばす必要はないのかもしれません。


■おまけ:前回のテスト結果

IE 8からIE 9で、何がどれだけ改善されたのか? Firefox 3.6からFirefox 4も同様です。ご関心のある方は、以下のチャートにある前回テストと、今回の結果を比較してみてください。

起動および読み込みスピード

110323browser-speed-tests7.jpg

タブ読み込み

110323browser-speed-tests8.jpg

JavaScript

110323browser-speed-tests9.jpg

メモリ使用量(拡張機能あり)

110323browser-speed-tests10.jpgのサムネール画像


Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.