• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  12:00 PM

一度始めたことは終わらせるべきか否か? 「終わらせる派」と「終わらせない派」の意見から検証

一度始めたことは終わらせるべきか否か? 「終わらせる派」と「終わらせない派」の意見から検証


何かを始めたとして、やがてそれが時間の無駄だと分かっても、終わらせるのが面倒だと思うのはなぜでしょう? 終わらせずにズルズルと続けているのは時間の無駄だと分かっているのに、なぜそのまま放置してしまうのでしょうか? 一度始めたことを終わらせるべきか否か、「終わらせる派」と「終わらせない派」の意見を聞きながら、じっくりと検証してみたいと思います。

 


【終わらせる派】誰もが達成感を欲している

110125_finishing_01.jpg始めたことを終わらせると、かなりの達成感を味わいます。それが家の掃除であれ何であれ、例えどんなにつまらないと思っていることでも、とにかくこの仕事を終わらせたということで、信じられないほどの達成感があるものです

すべての仕事やプロジェクトでそういう気持ちが味わえるとは限りませんが、少なくとも終わらせるために始めたことであれば、何らかの達成感があるはずです。やりがいや楽しみがほとんど無かったのに、自分を奮い立たせて何かを成し遂げたという達成感は、自尊心を満たしてくれます。人生はいつもやりたいことばかりではありません。ですから、そうやって忍耐力を鍛え、物事の良い面も悪い面もコントロールできるようにするのは、とても大事なことです。このような経験が、たくましい、良き社会人にしてくれるでしょう。


【終わらせない派】終わらせる価値のあるものをそろそろ分かった方がいい

110125_finishing_02.jpg
Comic by Nataliedee
これはスゴイ! と思うようなアイデアがひらめいて、実際にそれをやってみたら、完全に時間の無駄だと分かってしまいました。もうダメだと分かっているアイデアを抱えたまま、前に進む必要なんて無いですよね。


本当に時間を掛けるだけの価値がある、と感じる仕事やプロジェクトに時間を掛けた方がいいのです。ダメなプロジェクトを終わらせても、誰も得はしません。時間を無駄にするだけでなく、新しいプロジェクトを始める時に、万が一このプロジェクトがダメだとしても、きちんと終わらせなければいけないのかもしれない...という恐怖が付いて回るようになります。ダメなものは、ダメだと分かった時点で見切りをつけた方がいいです。


【終わらせる派】先のことなんて誰にも分からない

110125_finishing_03.jpg決まりきったことだらけで、何の驚きもない人生はつまらないものです。この世は何が起こるか分かりません。心をオープンにしていれば、心を閉ざしていては気づかないような、驚くべき発見があるかもしれないのです。

例えば、映画を観始めて30分後に、これは面白くないと思ったとします。もう帰ろうと思うでしょう。そのまま映画を見続けても、本当につまらないヒドい映画かもしれません。ですが、もしかしたら信じられないような面白い展開が待っているかもしれません。そんな貴重な経験も、さっさと見切りをつけてしまうと味わえないのです。これから何が起こるかなんて、誰にも分かりません。すぐに切り捨ててしまっていては、得られるかもしれない多くのものを逃している可能性もあるのです。一度始めたことを最後まできちんと終わらせた時に、予想だにしなかった新しい可能性を手にするかもしれません。


【終わらせない派】大事なものが何かは分かっているはず

110125_finishing_04.jpg自分の時間は貴重ですし、誰にとっても時間は大事なものです。嫌なことがあるなら、そのようなことに時間を費やすのは止めにしましょう。自分が出会うすべてのものに、いちいち関わっている時間はないのです。すべてのメールに目を通したり、すべてのメールに返信したり、タスクリストにあるすべてのタスクを終わらせるような時間はありません。見たいと思った映画を全て見ることはできないし、見るべきでもないです。すぐに映画館を出たくなるような、ゴミみたいにつまらない映画だってあります。

した方がいいと思うことをしましょう。そのために優先順位を付けるのです。優先順位を付けなければ、AでなくBを選ぶなどの、無駄なものを省ぶことができなくなります。この世のすべての可能性にかけたい! というのは、大変ロマンチックで理想的なことですが、ハッキリ言って現実的ではありません。もっと賢くなって、何も利益を生まないようなことを、最後までやろうとするのはやめましょう


【終わらせる派】一度やると約束したのだから、約束を守るべき

110125_finishing_05.jpg自分で勝手に切り捨てられるものもあれば、誰かと約束してしまって、そうはいかないものもあるでしょう。誰かを助けようとか、何かを手伝いますと言った時は、相手はあなたを信用しているのです。相手はあなたが助けてくれるものだと信じています。助けたいという気持ちはあっても、実際にはやりたくないことや、できないことであれば、最初からそんな約束はしないことです。できない約束をして破るくらいなら、最初から約束しない方がマシです。一度した約束は、きちんと最後まで守りましょう。


【終わらせない派】約束を守って悲惨なことになるなら、結局誰も助けられない

110125_finishing_06.jpg誰かを助けると約束したのなら、それを守るのが大事なことなのは間違いありません。しかし、助けると約束をする時に、常にどういう状況で助けることになるのか、相手にも自分にも分からないことはあります。予想もしなかったようなことが起こることもあるのです。そのような不確かな状況で、自分がどう思うかなんて予測はつきません。うっかり約束してしまった、なんてこともあるかもしれません。

約束した時点では予想もつかなかったような嫌な仕事を続けるのは、自分が悲惨な思いをするだけでなく、相手や一緒に働く人も嫌な気持ちになるでしょう。それに、おそらくそういう状況でのアウトプットは、大して良いものではないはずです。結局誰の得にもなりません。約束を守るのは立派なことですが、それがベストの選択ではない場合には、そうする必要はないのです。約束を守るよりも正しい選択をするべきでしょうし、自分以外に適任がいれば、その人と替わるのもいいでしょう。長く続けている仕事を辞める時なども同じです。1回限りのちょっとした仕事と同じように考えるべきではありません。


このようにじっくりと聞いてみると、「終わらせる派」の意見も「終わらせない派」の意見も、どちらも一理あると思います。かえって迷ってしまいそうですが、大事な仕事や選択であれば、突き詰めて考えてみてもいいのではないでしょうか。

あなたは「終わらせる派」と「終わらせない派」どちらですか?


Adam Dachis (原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.