• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  04:00 PM

Photoshopのトーンカーブはプリセットを保存すれば同じ効果を簡単に再現できる


「Photoshop」では、画像毎にそれぞれ異なったプリセットを保存できるので、何度も繰り返し同じエフェクトや設定を使いたい場合には、かなり時間が節約できます。今回は、写真のカラーをカスタマイズしたトーンカーブの設定を再利用するためのプリセットの保存方法を、ご紹介しましょう。

 


手順は記事冒頭のビデオも参照してみてください。英語ですが、Photoshopを使う人なら大体分かると思います。基本的には以下の手順です。

  1. Photoshopで画像を開き、「イメージ > 色調補正 > トーンカーブ」(もしくはMac:コマンドキー+M、Windows:Ctrlキー+M)でトーンカーブ画面を開きます。
  2. カラーレイヤー毎にカーブを操作して、好きなようにエフェクトをかけます。
  3. 一番上のプルダウンメニューの右にある、リストのようなアイコンの小さなボタンをクリックします。プルダウンメニューが表示されるので、プリセットの保存を選び、プリセットに名前を付けて保存します。
  4. 3. で保存したトーンカーブの設定を使いたい時は、トーンカーブ画面の一番上のプルダウンメニューから、保存したプリセットを選べばOKです。

トーンカーブは一度いい感じのエフェクトができても、後で同じように再現するのが難しいので、たまたまいい感じの設定になった時は、とりあえず保存しておくと良いかもしれません。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.