• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  12:00 PM

クラウドリーディング:vol.42『初対面の3分で誰とでも仲良くなれる本』

クラウドリーディング:vol.42『初対面の3分で誰とでも仲良くなれる本』

110223_syotaimen.jpg


タイトルを最初に見た印象は「誰とでも仲良くなれる? それも3分で?」と、やや懐疑的でしたが、読んでみたら「これは意外といけるかも!」と思わずうなった一冊。

僕は、誰とでも仲良くなる必要はないですし、なれるとも思ってません。そんな僕でも、イベントやパーティーなどの初対面の人が多い席では、やはり気まずいいは避けたいものです。これが、営業や接客などの普段から人と接することの多い仕事なら、なおさらでしょう。

本書は、そんな万人の悩みである「初対面の気まずい思いをなくし、誰とでも仲良くなり、継続的な関係をつくりたい!」という思いを解決してくれる本です。

まずは、基本的な対人関係の法則として有名なものに「ザイアンスの法則」というものがあります。この法則は、

  1. 人間は知らない人には攻撃的・冷淡な対応をする
  2. 人間は相手の人間的な側面を知ったときに、より強く相手に好意を持つ
  3. 人間は会えば会うほど好意を持つようになる

の3つから成り立っています。初対面の時に重要なのは1. で、「自分から相手に好意を持つ」ことが重要になります。

続きます。

 


しかし、自分が勝手に好意を持ってるからといって、いきなりフレンドリーすぎる対応ももちろんいけません。

人との対話には、親密度によって自己開示の段階を考えましょう。著者は、下記のようなレベルを提唱しています

LEVEL1

年齢(世代)、星座、血液型、出身地、業界(職種)、オフィスに関すること、趣味、持ち物、最近の笑える軽い失敗、自覚している容姿やキャラクター。


LEVEL2

現住所、子ども(育児)、変なクセや習慣、受験や就職の成功、転職、婚活、仕事上でのミス(年に数回程度の重さ)、恋愛ネタ(恋人ができた、ノロケなど)。


LEVEL3

給与や金、仕事のグチ、受験や就職の失敗、致命的なミス(一生に一回程度の重さ)。


LEVEL4

犯罪、裏切り、離婚、経済破綻、社内人事、内部秘プロジェクト、ディープな男女関係、悪口、人の死にまつわる問題。


著者は、初対面の時に話題にできるのはせいぜい、LEVEL2までとしています。他人との距離感をはかるのが苦手な方は、まずは、LEVEL1で抑えておくといいでしょう。

しかし、LEVEL1で抑えておくと、話すネタが尽きてしまうかもしれません。そこで強い武器が「きどにたちかけし衣食住」です。

みなさんこの「きどにたちかけし衣食住」って知ってました? 僕は、恥ずかしながら知りませんでした。「きどにたちかけし衣食住」とは、初対面の相手との会話に使える、9つのトピックの頭文字を並べたもので、

 気候:天気、寒さ、暑さ、日が短い・長い

 道楽:趣味、休日の過ごし方

 ニュース:最近のトピック、世間話、身近なこと

 旅:旅行の予定、好きな地域

 知人:共通の知人、あの人知ってる

 家庭:両親、兄弟、配偶者、子供

 健康:運動、健康法、ストレス解消法

 仕事:成功談、失敗談、うれしかったこと

衣食住:ファッション、住まい、食べ物

となっています。この「『きどにたちかけし衣食住』って知ってますか?」自体もネタにできそうですね。

本書では、さらに初対面をクリアした後のフォローのメールの仕方など、継続的な関係を築くためのノウハウも掲載されています。これらのノウハウと素敵な笑顔、そして相手に対する敬意があれば、本当に誰とでも仲良くなれるような気がします

これから新年度に向けて、お初の方と出会う機会も多くなるので、この本でもう一度対人関係の基礎を学んでおきたいですね。


(聖幸)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.