• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   06:00 PM

「無料」というワードは、ヒトの判断力をゆがめるおそれがあるらしい

「無料」というワードは、ヒトの判断力をゆがめるおそれがあるらしい

110221free-tattoo.jpg

Photo by Jhong Dizon


無料」というワードは、消費者にとってなんとも魅力的なもの。しかし、このワードは、自分の判断を見誤らせる「魔力」を持っているようです。『Predictably Irrational』の著者Dan Ariely氏は、このテーマについてある実験を行いました。

 


Dan氏のチームでは、ナイトクラブで無料のタトゥーを提供するという実験を行いました。76名がこの無料のタトゥーに登録。平均年齢は26歳で、酒酔いレベルは1~11の平均2.64と、低めだったそうです。無料とはいえ、永久的に残ってしまうタトゥーを簡単に入れようとするものなのでしょうか?

無料タトゥーに並んでいる人々に「無料でなくても、タトゥーをしようと思ったか?」と質問したところ、68%が「思わない」と回答。タトゥーをやろうとしているのは、無料だからというだけです。

さらに、「このパーティで無料のタトゥーが提供されることを知っていたか?」について尋ね、「知っていた」という人の90%に、さらに次のような質問をしました。

まず、タトゥーを入れるかどうか事前に決めてきたのか、それとも、パーティに来てから決めたのかを聞いたところ、85%が「パーティに来る前に、意思を決めた」と回答したのに対し、「到着してから決めた」という人は15%でした。さらに、この夜実際にタトゥーを入れると思うかどうか、その確信度合いを0(確信ゼロ)~100(必ずやる)の数値で表してもらったところ、平均の数値は65だったそうです。

参加者の中には、自分が何を求めているのか?をきちんと理解せず、単に「無料でタトゥーできる機会を逃したくない」という人もいたとのこと。無料でなければやらないことも、無料という理由だけで、つい手を出してしまう傾向があることを示す、わかりやすい事例のひとつといえるかもしれません。

この実験結果を踏まえ、Dan氏は、軽はずみな判断で後悔しないためのコツとして、無料と称されているものについて、「これが安価で売られていたら(たとえば、価格が100円など)、買おうと思うか?」自問することを提唱。買おうと思わないのなら、その無料サービスには手を出さないほうがよいというサインだそうです。

「無料」というワードに、ついテンションが上がってしまったときは、このコツを参考に、ちょっと冷静になったほうが賢明のようですね。


The Power of Free Tattoos [Dan Ariely]

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.