• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  08:00 PM

25分でわかるPhotoshopの基本機能(初級編)

25分でわかるPhotoshopの基本機能(初級編)


『Photoshop』は、言わずと知れた強力な写真編集アプリです。使ってみたいけど難しそうだから...と敬遠していた方々へ、今回はPhotoshopの初歩中の初歩として、よく使う基本機能をザッとご紹介します。冒頭の動画も参照しつつ、読み進めてみてください。


110209photoshopbasics.jpg


Photoshop持ってないんだけど...という方は、ひとまずトライアル版(30日の期限つき)をダウンロードしましょう。Photoshop買うお金なんてないよ! という方でも、ここで紹介する機能は、Photoshop以外の画像編集ソフトでも使えるものが多いので、参考にしてみてください。

 


■ツールバー

すべてのツールは紹介しませんが、なるべく多くをカバーします。まずは、写真を探して、さっそく編集してみましょう。


110209photoshopbasics2.jpg移動ツール(キーボード:V)

キャンバス上のどこかをクリックし、ドラッグすると、レイヤーを移動できます。


110209photoshopbasics3.jpgマーキー(キーボード:M)

キャンバス上の一部分を特定の形で選択できます。デフォルトでは長方形(シフトを押しながら行うと正方形に)となっていますが、形は円などにも変更可能です。


110209photoshopbasics4.jpgラッソ(キーボード:L)

手動で領域を選択できます。点を打っていくことで、その点を角とした図形の形で選択することも可能です。自動で角を検出する方法もあります。

110209photoshopbasics5.jpg魔法の杖(キーボード:W)

いわゆる自動選択ツールです。選択部分と似た色の箇所を自動的に選択してくれます。写真の背景を取り除くときなどに便利です。


110209photoshopbasics6.jpgクロップツール(キーボード:C)

切り取り機能です。好きな箇所を好きなサイズに切り取れます。


110209photoshopbasics7.jpgアイドロッパー(キーボード:I)

クリックした箇所の前景を、指定した色へ変更できます。



110209photoshopbasics8.jpg修復ブラシ(キーボード:J)

画像の一部の色をサンプルとして、他の部分を塗れます。違和感がなくなるよう、補正も行ってくれます。


110209photoshopbasics9.jpgペイントブラシ・鉛筆(キーボード:B)

名前の通り、ペイントブラシ・鉛筆を模倣する機能です。ペイントブラシには、エアブラシなどのバリエーションもいくつかあります。


110209photoshopbasics10.jpgクローンスタンプ(キーボード:S)

ヒーリングブラシのように、写真の一部分をサンプルに、他の箇所が塗れます。しかし、ヒーリングブラシと違い、補正は行ってくれません。


110209photoshopbasics11.jpgヒストリーブラシ(キーボード:Y)

Photoshopに保存されたユーザーの操作(デフォルトでは50まで)を、現状の画像に適用できます。たとえば、画像全体を明るくしたものの、一部分だけは暗く戻したい場合は、ヒストリーブラシでペイントすればOKです。


110209photoshopbasics12.jpg消しゴム(キーボード:E)

名前の通り、消去が行えます。操作はペイントブラシと同じです。


110209photoshopbasics13.jpg塗りつぶし・グラデーション(キーボード:G)

特定のエリアを選択した色で塗りつぶせます。グラデーションは、前景と背景の色の間でグラデーションを作成します。プリセットも作れ、2色以上のグラデーションの作成も可能です。


110209photoshopbasics14.jpgブラー・シャープ・スマッジ(キーボード:なし)

3機能ともにペイントブラシのように使えます。ブラーはペイントした部分をぼかし、シャープは選択部分をシャープに、スマッジは選択した部分をにじませることが可能です。スマッジを上手く使えば、ペイントした色をきれいに混ぜられます。


110209photoshopbasics15.jpgバーン・ドッジ・スポンジ(キーボード:O)

ペイントブラシと同じ操作で、明るさや彩度を変更できます。バーンでは選択エリアを暗く、ドッジでは選択エリアを明るく、スポンジではペイントの色を染みこませたり、その逆が可能です。


110209photoshopbasics16.jpgペン(キーボード:P)

ベクターイメージを描くための機能です。



110209photoshopbasics17.jpg文字(キーボード:T)

名前の通り文字を入力できます。水平入力ツールの下に、垂直入力ツールがあり、文字マスクも作成可能です。


110209photoshopbasics18.jpgパス(キーボード:A)

移動ツールと同じ操作で、パスが描けます。



110209photoshopbasics19.jpg図形(キーボード:U)

正確な長方形、丸みのある長方形、円、ポリゴン、線などが作成できます。画像用に図形マスクを作るときに便利です。


110209photoshopbasics20.jpg3Dツール

今回は説明を省きますが、3Dツールがあるということは覚えておくと良いです。なんとなくの概要はこちらの動画を参照してみてください。





110209photoshopbasics21.jpgハンド(キーボード:H)

キャンバスをクリック、ドラッグで動かせます。キャンバスがスクリーンぴったりに表示されていると、何も動作しません。ズームした時の操作法として活用できます。


110209photoshopbasics22.jpgズーム(キーボード:Z)

名前の通り、キャンバス上でズームイン・アウトできます。デフォルトだとズームインしかできませんが、オプションキーを押しながら行うと、ズームアウトが可能です。


110209photoshopbasics23.jpg色選択(キーボード:Dでデフォルト、Xで前景と背景の切り替え)

使用している色を管理できます。上にある色が前景色、下にある色が背景色です。前景色はブラシが使用する色、背景色は背景を消去したり、広げたりしたときに使われます(Photoshop CS5では、前景色を使うことも可能)。上部の小さなアイコンはショートカット機能です。左の白黒の四角アイコンでは、前景色・背景色をデフォルトに設定でき(キーボード:D)、曲がった両方向矢印アイコンでは、前景色と背景色を交換できます(キーボード:X)。前景色・背景色のいずれかをクリックすると、選択画面から色の選択が可能です。


■パレット

モードの変更などが楽に行える、画面の右側に表示されるオプションです。

110209photoshopbasics24.jpgレイヤー

レイヤーパレットでは全てのレイヤーが見られます。Photoshopに慣れてくると、一番頻繁に使うパレットです。レイヤーを管理、編集でき、ブレンドモードやレイヤーの透過率の変更、グループの設定など、さまざまな操作が行えます。


110209photoshopbasics25.jpgアジャスト

レイヤーに任意の補正をかけられます。主に色調補正、カーブ補正などが便利です。簡単にオン・オフができ、中には劇的に画像を変化させるものもあります。


110209photoshopbasics26.jpgカラーチャンネル

画像を構成している特定の色に焦点が当てられます。RGBモードであれば、赤・緑・青です(CMYKLABでは異なる)。全体的なコントラストを調整するために、一つ一つの色を調整できます。画像を白黒に変換する際にも、細かい調整が可能です。


110209photoshopbasics27.jpgカラーピッカー

前景色・背景色をスライダーで調整できます。



110209photoshopbasics28.jpgカラースウォッチ

カラーパレットから色を選択できます。自分で作成した色を登録することも可能です。


110209photoshopbasics29.jpgヒストリー

時間をさかのぼって、いくつかの動作をアンドゥできます。通常のアンドゥと違って、一動作以上戻れます(デフォルトでは50動作前まで)。


110209photoshopbasics30.jpg文字

前述の文字ツールで入力したテキストを編集できます。文字幅の変更などができ、デザインに便利です。




■メニュー

110209photoshopbasics31.jpg

ファイル:開く、保存などがあり、多くのアプリとあまり変わりません。

編集:他のアプリであればコピペなどがある欄ですが、Photoshopではレイヤーや色の編集も含まれています。

イメージ:キャンバスと画像の編集、エフェクトなどが含まれています。画像全体に影響する機能が多いです。

レイヤー:レイヤーパレットの機能が全部含まれています。

フィルター:豊富なビルトインが表示されます(サードパーティのものをダウンロードしていればそれも)。ブラー、シャープ以外にも、ユニークなものが多くあり、それぞれにどのような効果があるのかは、試してみるのが一番です。

解析:各種測定機能が表示されます。

3D:前述のように、今回は3Dに関しては省かせていただきます。

ビュー:画面表示を編集できます(冒頭動画も参照)。

ウィンドウ:特定のウィンドウ・パレットを表示・非表示できます。設定した表示をプリセットとして保存することも可能です。


いかがでしたか? 今回は、Photoshopの初歩中の初歩をご紹介しました。お役に立てれば幸いです。


Adam Dachis (原文/訳:松井亮太)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.