• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,,,  08:00 PM

どのツールもしっくりこない人へ、『Todo.txt』によるタスクマネジメントのススメ

どのツールもしっくりこない人へ、『Todo.txt』によるタスクマネジメントのススメ

110128todo_txt1.jpg


タスクマネジメントは、生産性向上のための基本。これを便利にしてくれる、多種多様なアプリやツールがリリースされていますが、実際に使ってみると、意外と操作に手間がかかったり、ツールのメンテナンスに時間をかけすぎてしまったりと、本来の目的である生産性向上につながらない面も...?

米Lifehacker編集部のKevin Purdyさんは、タスクマネジメントツールの定番「Remember the Milk」から、プレインテキストベースのタスクマネジメントツール『Todo.txt』に切り替えたところ、生産性向上に役立てやすくなったそうです。Kevinさんは、『Todo.txt』の有用性について、次のように綴っています。

 


■なぜ、一般的なタスクマネジメントツールがうまく機能しなかったのか?

110128todo_txt2.jpgKevinは、長年「Remember the Milk」がパーフェクトなタスクマネジメントシステムだと思っていたそうです。Remember the Milkなら、ブラウザでも、スマートフォンでも使えるし、オフラインモードでもOK。複数のリストが作成でき、タスクも共有できます。

では、なぜこのシステムがKevinには機能しなかったのでしょうか? タスクリストがアプリになっていると、スマートフォンやPCのデスクトップ上で他のアプリと混在してしまうので、これを開いておかなければいけません。しかし、タスクマネジメントアプリを開くと、このツールをさらに使いやすく改善しようとしてしまい、あれこれ設定画面をいじりはじめ、そこに時間を浪費してしまうことがあります。

たしかに、「Remember the Milk」など、いくつかのアプリには通知機能があるので、これらのアプリは、必ずしも開いておく必要があるわけではありません。事前に設定しておけば、タスクの期限が来る前に知らせてくれます。ただ、各タスクの通知を設定するとき、そのタスクにどれくらいの時間がかかるかを予測せねばならず、これにも多少の時間を費やしてしまいます。

その点、プレーンテキストベースのツールは、Kevinに向いていたそうです。最初は、『Simplenote』(英文記事)がいいかと思ったようですが、KevinはAppleデバイスを持っておらず、Androidユーザのため、いまひとつ...。そこで、使いはじめたのが、『Todo.txt』だったそうです。


■なぜ、Todo.txtなのか?

110128todo_txt3.jpgTodo.txtは、米Lifehackerの母であるGina Trapaniが、片手間のプロジェクトとして、スタートさせたものです。Ginaは「.txt」ベースの整理整頓が有効な理由や具体的な方法について、米Lifehacker初期の記事「Geek to Live: List your life in .txt(テキスト形式でやらなきゃいけないことをリストしよう・英文)」で紹介。その後、米LH読者がTodo.txtマネジャーを開発するなど、「.txt派」の人々が参加して、今日のコマンドラインベースのインターフェイスに至りました。最近では、Android向けアプリとしてもリリースされています。いずれも、単一のテキストファイルと連携し、バックアップも簡単。いつでも使えるツールとなっています。Todo.txtの様子は、以下のデモ動画で、ご確認ください。

Todo.txtの活用法は以下です。

1: シンプルな設定

「todo.txt」という名前でテキストファイルを作成し、安全なところに保存しましょう。Dropboxの中に、「todo」というフォルダを作って、そこに保存するとベストです。Androidアプリを利用する場合は、Dropboxに「todo」が生成できます。設定はこれで完了です。

Ginaは、コンテクスト(ラベル・分類)のためのタグや、プロジェクト名を使うことを勧めていますが、もちろん使い方はこれに限りません。ファイルを開いて、必要なタスクを追加し、完了したタスクは消し、ファイルの編集が終わったら保存する、といったシンプルな使い方もOKです。また、Quicksilverのテキスト追加(英文記事)や、Unixのテキストコマンドを使って、ソートや検索、テキストファイルの追加もできます。


2: どこでも使える

Androidユーザなら、Todo.txt Touchを使って、指先でタスクリストを閲覧したり、操作できます。iPhone/iPadユーザは、『Droptext』、『PlainText』、『Nebulous Notes』を使えば、Dropboxからファイルの編集・保存が可能です。

110128todo_txt4.jpgDropboxをインストールしたコンピュータであれば、テキスト編集アプリを使ってテキストファイルを操作できます。さらに便利に使うワザとしては、Windowsのタスクバーや、Mac OS X・Linuxのドックに、ファイルを貼り付けるのもアリ。ワンクリック、もしくはキーボードショートカットでサクっとファイルを開けます。

Windows 7なら、無料ユーティリティ『Taskbar Items Pinner』を使う方法のほか、タスクスケジューラで設定したりショートカットを利用するという手もあります(全て英文記事)。Macなら、ドックの右側、フォルダショートカットの横に、Todo.txtをドラッグ、もしくは「Cmd」+「スペースキー」で開くというシンプルな方法で、実現できます。

若干制限があるのが、公共のコンピュータとオフラインモードのAndroid。公共のコンピュータでは、Dropboxのウェブサイトから、タスクリストを閲覧可能です。また、Androidがオフラインだと、Todo.txt Touchは動かないので、その場合は、Dropboxアプリからファイルをナビゲートし、このアプリの中で編集しましょう。ファイルを編集後に保存すれば、オンラインになった時点で、すぐにDropboxがファイルを同期してくれます。ホームスクリーンに、Dropboxの「todo」フォルダへのショートカットを作っておくと、さらに便利です


3: なんといっても速い

Remember the MilkやSimplenoteでは、アプリの読み込みや同期、接続チェックで待たされ、その間にふと別のことが気になって、本来仕事に充てるはずの時間をロスしてしまう面がありました。たとえば、「自分のツイートに誰か返信してくれたかも」と思ってツイッターに移動してしまう...といった具合です。その点、Todo.txtは、Androidであれ、iOSデバイスであれ、瞬時に使えます。もちろん、コンピュータ上のテキストファイルもすぐに開けます。コマンドラインのインターフェイスで、操作も楽チンです。


4: Dropboxによるバックアップ

110128todo_txt5.jpg

Dropboxは、保存したいファイルをすぐに保存してくれ、ウェブはもちろん、どのコンピュータ、スマートフォンからでも使えます。Dropboxを使えば、todo.txtの小さなテキストファイルもたくさん保存でき、古いものもバックアップしておけます。万一、タスクリストの中身を消してしまったとしても、リカバーが可能です。また、ファイル全体のバックアップだけでなく、todo.txtでは、個々のタスクの保存もできます。各タスクを「完了」としても、ファイルからは消さないように設定すればOKです。


万人に理想的なタスクマネジメントツールは、なかなかありません。Kevinのケースでは、Remember the Milkがあまりうまく機能しなかった一方、Todo.txtがうまくフィットしたようですが、コマンドラインのインターフェイスを見るだけで、「なんとなく難しそう...」と感じる人もいるでしょうし、Remember the Milkでバッチリ生産性が向上する人も多くいることでしょう。

Remember the Milk同様、「Toodledo」、『Things』、『OmniFocus』といったタスクマネジメントツールも有効です。このほか、ライフハッカーアーカイブ記事「Firefoxの新タブ機能『Panorama』をToDoリストに使うというアイデア」でご紹介したように、タスクマネジメント以外のために作られたものを、生産性向上に活用するというアイデアもあります。

みなさんは、生産性向上ツールに何を使っていますか? コメント欄で聞かせてくださいね。


Kevin Purdy (原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.