• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   08:00 PM

タブレット用GoogleOS Android 3.0『Honeycomb』スクリーンショットツアー

タブレット用GoogleOS Android 3.0『Honeycomb』スクリーンショットツアー

110127honeycombss.jpg


この度、タブレット向けGoogle OS、Android 3.0「Honeycomb」の最新スクリーンショットが公開されました。こちらでは、いくつかの新機能や改善点とともに、画像をご紹介していきます。

※ 以降の画像はクリックで拡大します。

 


■タブレットUI

今でのAndroid OSとの一番大きな違いは、ユーザーインターフェース。アイコンやウィジェットをより多く並べられるよう、ホームスクリーンが広く作られています

通知バー

110127honeycombss2.jpg

通知バーは下部へ移動。さらに「バック」、「ホーム」、「最近のアプリ」ボタンが追加されています。新しい「最近のアプリ」ウィンドウでは、起動中のアプリの状態が確認できるようです。


ホームスクリーン

110127honeycombss3.jpg

基本的にはモバイルのものと一緒ですが、ショートカットやウィジェットを置けるスペースがとにかく広いです。ホームスクリーンへ置いていないアプリは、ドロワーから起動できます。全ての表示は3Dとなっており、ハードウェアのスペックさえ追いつけば非常に快適そうです。


アクションバー

110127honeycombss4.jpg

Googleが「アクションバー」と呼んでいるこの機能が、新しいUIの最も魅力的なところかもしれません。各アプリそれぞれにおいて、オプション、ナビゲーションなどのメニューがここに表示されます。例えばメールアプリであれば、「新規メッセージ」、「リフレッシュ」の操作が可能です。さらにメッセージを選択すると、「フォルダーへ移動」、「既読にする」などのメールオプションが表示されます。モバイルでは、ハードウェアのメニューボタンを押して表示させていたメニューが、画面上部に表示されるので便利です。



■キーボードとコピーアンドペースト

110127honeycombss5.jpg

新しいソフトキーボードは、より大きく、押しやすい形状へ進化しています。「Tab」などのフルキーボードではおなじみのボタンも表示されるようになり、デスクトップユーザーでも難なく扱えそうです。

Androidのコピーアンドペーストはお世辞にも使いやすくありませんでしたが、Honeycombではそれが改善されています。テキストを長押しで選択(その後にドラッグすれば範囲を広げることも可能)したら、アクションバーからコピーアンドペーストが実行可能です。アクションバーでは、「全て選択」、「カット」、「共有」のボタンもあります。


■タブレット向けアプリ

110127honeycombss6.jpg

ブラウザやカメラ、メールなどのアプリが、タブレットに最適な仕様へ変化しています。ブラウザには、タブのビルトイン、Chromeのブックマーク同期、シークレットモードが搭載され、Googleサイトへのサインインも自動で行ってくれます

110127honeycombss7.jpg

コンタクトやメールはほぼ今までと変わっていませんが、カメラアプリは上の画像のようになっており、なかなかよさそうです。


Android 3.0 SDKのスクリーンショットは、こちらでも見られます。まだ細部までは公開されていませんが、期待の持てる内容となっているので、気になる方はチェックしてみてください。多数追加されたAndroidの欠点を補う機能が、将来的にモバイルにも適用されることを期待したいですね。


Android 3.0 Platform Highlights [Android Developers]

Whitson Gordon (原文/訳:松井亮太)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.