• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,  04:00 PM

プラットフォーム別、スマートフォンのための基本的なセキュリティ対策

プラットフォーム別、スマートフォンのための基本的なセキュリティ対策

110106secure-your-smartphone.jpg

Photo remixed from an original by Conscious.


2010年に引き続き、2011年も拡大トレンドとみられているスマートフォン。電話、メールアドレスなどなど、個人情報の宝庫でもあるがゆえ、セキュリティ対策には万全を期しておきたいものですね。そこでこちらでは、『iOS』、『Android』、『Windows Phone 7』の三大メジャーモバイルプラットフォーム別に、基本的なセキュリティ対策をご紹介しましょう。

 


■パスワード保護を有効にする

スマートフォンのセキュリティ対策としてもっともカンタンなのは、パスワードを設定しておくこと。ライフハッカーアーカイブ記事「Mozilla が伝授! 安全で忘れにくい、超シンプルなパスワード設定法」や「パスワードを記録し、暗号化するための、超アナログな方法」などを参考に、他人から類推されにくく、忘れづらいパスワードを設定しましょう

iOS

110106secure-your-smartphone2.jpgiOSデバイスのパスコードは設定がカンタンですが、4ケタなので、セキュリティ度が高いとはいえません。iOS4以上のデバイスであれば、パスコードの代わりにパスワードを設定できます。具体的な操作方法としては、「設定」アプリの「一般」から、「パスコードロック」を選択。これをオンにして新しいパスコード、もしくはパスワードを入力します。誕生日や記念日など、他人から推測されやすいものは避け、ランダムなものを設定しましょう。


Android

110106secure-your-smartphone3.jpgAndroidにはパスワード代わりの機能として、パターン入力によるロック機能があります。左画像のように、9つの点を任意のパターンで結んでいくものです。具体的な操作手順としては、「設定」から「セキュリティ」>「画面ロックの変更」を選択。パターンを入力して決定すれば、設定完了です。パスワードと同様、ありきたりで単純なパターンは作らないこと。ちなみに、『Android 2.2(Froyo)』では、このアンロックパターン機能のほか、PINやパスワードも設定できます。


Windows Phone 7

『Windows Phone 7』でも、スクリーンパスワードがかけられます。「設定」アプリから「Lock & Wallpaper」を選びましょう。最初にパスワードを設定するときは、まずパスワードオプションを有効にすること。その後、新しいパスワードを2回、入力し、「Done(完了)」ボタンをタップすれば、変更が保存されます。



■リモートワイプを有効にする

盗難や紛失などの「まさか!」に備え、遠隔地からスマートフォンのデータを消去できる「リモートワイプ」を有効にしておくのも一法です。

iOS

110106secure-your-smartphone4.jpgiOSデバイスでリモートワイプを設定するのはカンタンですが、有償のMobileMeアカウントが必要。さらに、プッシュ機能と「iPhoneを探す(Find My iPhone)」を有効にします。具体的な手順としては、「設定」アプリで「メール/連絡先/カレンダー」を選択。次の画面にある「データの取得方法」で、「プッシュ」をオンにしましょう。再び「メール/連絡先/カレンダー」画面に戻り、MobileMeアカウントを選択。次の画面で「iPhoneを探す(Find My iPhone)」を有効にすれば、設定完了です。

「iPhoneを探す(Find My iPhone)」が有効になると、MobileMeにログインでき、iPhoneをワイプできるようになります。ワイプを選択すると、新モデルなら数分でiPhone側のデータを消去できますが、旧モデルではこれよりも時間がかかります。『iPhone 3G』だと、2時間程度かかることを覚悟したほうがよさそうです。


Android

リモートワイプ機能は、Androidデバイスにビルトインされていますが、『Android 2.2』が要件となっています。また、「Exchange」設定が必要です。「Exchange」が設定されていれば、管理者のみ、リモートワイプが実行できます。

代替策としては、Android用無償アプリ『Mobile Defense』を使って、リモートワイプ機能を追加するという方法もあります。「Mobile Defense」のウェブサイトからAndroidデバイスをワイプできるという仕組みです。このアプリは、現時点ではユーザ数を限定したベータ版なので、実際に使ってみたい方は、こちらのページで利用希望の登録をしておきましょう。このほか、同様のアプリとしては、19.99米ドル/年の有償アプリ『WaveSecure』もありますよ。


Windows Phone 7

『Windows Phone 7』は、「Outlook Web Access」を使えば、カンタンにワイプできます。具体的な操作方法については、以下の動画チュートリアルをご参照ください。


当たり前すぎることですが、まずは、破られにくいパスワードできっちりガードすることが、スマートフォンのセキュリティを守るための「基本のキ」のようですね。このほか、モバイル端末のためのセキュリティ対策としては、「iPhone紛失時に備える3つの対策」や「もしも電話を失くしたら...(携帯データのセキュリティ対策)」なども参考にどうぞ。


Adam Dachis (原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.