• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  -   10:00 AM

やめたいのにやめられない、ちょっとした悪い癖をやめるための2つのコツ

やめたいのにやめられない、ちょっとした悪い癖をやめるための2つのコツ

110106_BadHabits_01.jpg
Photo by Morgan.


「無くて七癖」と言いますが、体に染み付いた悪い癖はなかなか治るものではありません。新年に「今年こそ悪い癖をやめる!」と決意した人もいるかと思いますが、何か新しいことを始めるよりも、これまでの習慣、特に悪習をやめることの方がはるかに難しいものです。しかし、まったく不可能という訳ではありません。習慣を断ち切るコツを押さえてから取り組んでみてください。

 


■ここで言う「悪習」とは

110106_BadHabits_02.jpgやめたくてもやめられないような問題であれば、それは悪習と言えます。しかし、ここではすべてがそれに当てはまる訳ではありません。

例えば、爪を噛む癖がやめたいのであれば、それは悪習ですが、喫煙は悪習ではありません。喫煙の習慣はニコチン中毒なだけです。カフェインも同じように中毒性があります。悪習という言葉には、中毒症状も含まれていることもありますが、今回は分けて考えます。浪費癖、ギャンブル、強迫観念に取り憑かれたような行動も同様です。

ここで言う悪習とは、ほんの少しのコツさえあればやめられるような類いの「癖」のことです。強迫観念に駆られた行動や中毒症状をやめるには、かなりの努力が必要です。今回は、大したことではないけれど、なかなかやめられない悪い癖を治すコツについてご紹介します。


■「悪い癖をやめる」と公言する

110106_BadHabits_03.jpg本当にその癖を治したいと思っているのであれば、恥を忍んでそれを利用してしまいましょう。周囲の人に、自分はこの癖を治したいと宣言するのです(多分その癖については周りの人はすでに知っていると思いますが)。宣言することのメリットは二つあります。

一つは、周りに宣言すれば、その癖が出てしまった時に周囲の人が注意してくれます。二つ目は、もし同じ癖を持っている人がいたら、その人も「じゃあ、俺も/私も一緒にやめる」と言ってくれるかもしれません。また、すでにその癖を治すことに成功した人が、やめるコツを教えてくれるかもしれません。このように、周りに宣言すると、悪い癖をやめようとしている途中で、誰かに励ましてもらえます


■徐々にやめつつ、新しい習慣を練習する

110106_BadHabits_04.jpg今までにダイエットをした経験のある人なら、ダイエットを始めてから効果が出るまでに数週間かかるとか、何日か経つと猛烈に甘い物やジャンクフードが食べたくなるとか、人間の意思には限界があることを知っているはず。

これまでの習慣を変えるというのは、かなり疲れる行為です。ある習慣をやめるということは、代わりに新しい習慣を始めるということでもあります。新しい行動を習慣付けるには、最初のうちはいちいち考えて行動しなければなりません。昔の悪い癖が出てしまったら、考え直して新しい行動に変えなければならず、かなりのエネルギーを使います。どんな悪習であれ、無意識にできる行動の方が楽なのは言うまでもありません。これを解決するためには二つのコツがあります。

1. 徐々に変える

爪を噛む癖をやめたいと思っているなら、すべての指の爪ではなく、例えば「人差し指の爪だけはこの1週間噛まない」という風に1本ずつ始めるのです。これなら10週間かけて徐々にやめることができます。どの指だか忘れてしまいそうな時は、噛まないと決めた指の爪だけ絆創膏を貼るとか、マニキュアを塗るとか、分かりやすいように工夫してみましょう。一気にすべてやめるよりも、このように徐々にやめていく方がストレスが掛かりにくいです。


2)新しい習慣を練習する

新しい習慣を練習するというのは、「爪を噛まない」ことを意識するのではなく、「爪を噛みそうになった指を口から出す」ことを練習するということです。どういうことかと言うと、例えば何気なくテレビを見ているような時に、無意識に爪を噛み始める前に、自分から指を口の中に入れ、すぐにその手を口から出します。それぞれの指で、何度も何度もこれを繰り返します。意外と早く筋肉はこの動きを記憶します。そして、爪を噛もうと無意識に指を口に持って行くと、指を口から出すようになるのです。この方法は、何かをやめたい時にかなり有効利用できます。


以上のやり方は、爪を噛む癖だけでなく、髪をかき上げる癖や貧乏ゆすりなど、あらゆる癖にも応用できると思います。ただ、最初に書いた通り、ちょっとした癖にのみ使える方法ですので、お間違いなく。自分はこうやって変な癖をやめたという成功談をお持ちの方は、ぜひコメント欄で教えてください。


Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.