• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  04:00 PM

ニセモノだとわかっていても効果あり? プラシーボ効果に関する研究結果

ニセモノだとわかっていても効果あり? プラシーボ効果に関する研究結果

101227placebos.jpg

Photo by Dean812


プラシーボ効果の存在については、ほとんど疑いの余地がないとのことですが、これは、摂取する人が「本物の薬だ」と信じているからこそ生まれる効果のはず...。

果たして、偽薬だとわかっていても、プラシーボ効果は見られるのでしょうか?

 


米ハーバードメディカルスクールのTed Kaptchuk氏らは、過敏性腸症候群の80名を対象に実験を行いました。うち、37名に1日2回、偽薬を投与。研究者は被験者に対して「偽薬の効果で症状が改善するかもしれない」と伝えました。すると、何の治療も受けていない患者のうち、症状が改善したのは35%でしたが、偽薬を与えられた患者では、その59%に改善がみられたそう。

つまり、偽薬は症状改善において、約2倍の効果が認められたのです。Kaptchuk氏は「偽薬は、腫瘍に作用したり、細菌を殺すことはないだろうが、うつ病といった、患者の自己評価が重要な病気には効果があるかもしれない」と考察しています。

もちろん、この研究結果はまだ限定的。英ペニンシュラ・メディカル・スクールのEdzard Ernst氏は、より規模の大きな実験が必要だと指摘しています。

その薬がニセモノだとわかっていてもなお、一定の効果があらわれるというのは不思議ですね。このほか、プラシーボ効果に関する興味深い研究としては、「プラシーボ効果でノンカフェインでも目が覚める!?」もあわせてどうぞ。


Journal reference: PLoS One, DOI: 10.1371/journal.pone.0015591

Jessica Hamzelou - NewScientist (原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.