• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  12:00 PM

お茶に関する豆知識

お茶に関する豆知識

101202_hwang_cha_yellow_tea.jpg


世の中、コーヒーが注目されることが多いですが、お茶派もいますよね。今日は米lifehackerから、アジアを旅してお茶に出会ったという、シカゴ出身のTony Gebelyさんのお茶豆知識を紹介します。

Tonyさんは「Chicago Tea Garden」というオンラインストアの運営や、「World of Tea」というサイトで、お茶に関する啓蒙活動を行っています。

 


■そもそもお茶とは何?:端的に言うと

すべてのお茶は、カメリアシネンシスという植物が原材料です。違う植物(カモミール、ミント、ルイボス)を原材料として作られたものは、厳密にいうとお茶ではありません。

白茶、緑茶、ウーロン茶、黄茶、紅茶、プーアール茶は、すべてカメリアシネンシスから作られています。摘み取った茶葉をどう加工するかで、種類が変わってきます。

お茶には、アミノ酸の一種のテアニンという物質が含まれていて、カフェインと一緒に摂取することによって、心の集中ができるとされています

基本的なお茶のいれ方は、茶葉をお湯に浸し、飲む前に茶葉を取り除くというものです。茶葉の酸化の度合いと、お湯の温度は比例します。


■そもそもお茶とは何?:科学的に説明すると

上記のように、お茶にはテアニンが含まれています。日本やイギリスでの研究(英文)から、50mgのテアニンを摂取すると、脳のアルファ波の活動が活発になり、その後80分間はその状態が続くことが明らかになっています。この50mgのテアニンは、およそ3杯のお茶に相当します。

アルファ波が出ているということは、リラックスしつつも何かあったときにはすぐ対応できる状態、言い換えれば、反応すべき刺激にだけ反応し、余計なことに気を取られないで作業に集中できる状態です。お茶に含まれるテアニンの効果は、コーヒーでは見られません。ちなみに、下はテアニンの化学式です。

101202_2.04.01_pm.jpg

つまり、お茶を飲むと、集中して作業する必要のあるときや、気持ちの乗らない午前中、一日の終わりなどでも、高い洞察力を保てます。ただ、一つ納得がいかないのは、ティーバッグのクオリティです。

最近では、よく工夫して作られた三角錐タイプのものもありますが、一般的な平べったいティーバッグに入っている茶葉は、様々な質ものものがブレンドされていたり、後付けのフレーバーが含まれているものもあったりします。


■知っておいた方がいいこと

101203tea.JPG

繰り返しになりますが、お茶と呼べるのはカメリアシネンシスからとれたもののみです(上の画像)。

茶葉によっては、20回以上お湯を注いでも出がいいものもあります。他のものでも数回は出ますが、香りは次第に弱くなっていきます。

お茶を買うときには、その茶葉がどこで栽培されたか、どう加工されたか、いつ摘み取られたかを明らかにしているお店を選びましょう


■お茶をいれる

101202_finum_strainer.jpg

お茶をいれるときは、茶葉がお湯の中で動くスペースが十分にあるか、気を配ってください。平べったいティーバッグや、小さい密閉型の茶漉しでは、おいしいお茶はいれられないので、茶葉を直接お湯に浸して十分に泳がせてから、飲む前に漉すのがいいかもしれません。茶漉しにお湯を注ぐ場合は、上の画像のような大きめなものを使うことをお勧めします。

茶葉の種類にもよりますが、注意したいのはお湯の温度と浸しておく時間です。ちなみに、お茶の98%は水なので、いい水を使ってください。塩素の強い水はお茶には不向きです。一般的に、酸化が強い茶葉には高温のお湯を使ってください。説明書通りにいれるよりも、自分好みの香りや味を見つけ出すまで、いろいろ実験してみると楽しいです。渋かったらお湯の温度を下げるとか、あまり濃く出ていなかったら浸出時間を長めにしてみるとなど。

Tonyさんのお店、「Chicago Tea Garden」では、次のようなガイドラインを示しています。(150°Fは約65℃、170°Fは75℃、195°Fは90℃、212°Fが100℃です。)

101202_screen_shot.png

温度は目安なので、きちんと測る必要はありません。たとえば195°F(90℃)なら、お湯を沸騰させてからやかんを下ろし、1分ほど待てば大体そのくらいになります。これも実験のうちなので、沸騰させて何分待ったら自分好みのお茶をいれられるか、いろいろ試してみてくださいね。

101202_gong_fu_tea_ceremony.jpg

お茶のいれ方について、もっと極めたいという人は、中国の宜興市で作られた蓋碗という陶器を探してみてください。また、エネルギー補給には抹茶がおすすめだそうですよ。茶葉の粉末を飲むことになるので、他のお茶を飲むよりも効果があるとのことです。

心を鎮めるためにお茶をいれてみたいという人には、「Gongfu Tea Ceremony」はいかがでしょうか? オランダ人がゆったりとウーロン茶をいれている動画(英語字幕付き)がこちらにあります。茶葉は冷暗所で保存してください。賞味期限は摘みたてならば2年ほどですが、酸化加工されたものは、もう少し早く飲みましょう。

忙しい師走を乗り切るのにも、ほっと一息つくのにも、お茶は有効なツールになりそうですね。


Hacker's Guide to Tea [World of Tea]

Tony Gebely(原文/訳:山内純子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.