• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  08:00 AM

1ヶ月小説創作に挑戦した筆者が発見! 多用しがちな5つのワード

1ヶ月小説創作に挑戦した筆者が発見! 多用しがちな5つのワード

101201common_repeated_words.jpg11月は「National Novel Writing Month(NaNoWriMo)」月間でしたね。

豪Lifehacker編集者のAngus Kidman氏も、これに挑戦した一人。彼は自分の書き綴った文章を読み返して、やたらと「登場」するワードがあることに気がついたそうです。

 


1. Pretty・pretty much(すごく)

読み返してみると、「pretty」や「pretty much」を頻繁に使っていることにすぐ気がついた。ただし、そのほとんどは不必要なもので、9割は削除した。


2. Probably(おそらく)

「Pretty(すごく)」と同様に、このワードは意味が弱い。


3. Frankly(ぶっちゃけ)

「Frankly(ぶっちゃけ)」というワードがつく話のほとんどは、率直な語りでも、ぶっちゃけ話でもない(英文記事)。一度や二度ぐらいならば問題ないが、使いすぎないほうが賢明。


4. Nice(よい)

「Nice」は実際、何も表していない。具体的な場所や名前を特定した上で、その修飾語に使えるくらいだろう。


5. コロン・セミコロン

コロンやセミコロン自体には何ら問題はないのだが、自分には、センテンスが長くなるという書き癖がある。長文になると読みづらい。

こちらでは、英文を例に採りあげてみましたが、日本語でも、不必要なのについ付けてしまうワードや「ニュアンスはなんとなく伝わるけど、実際、どういう意味?」と感じるフレーズは、ままあるものですね。

文章力をアップさせるためのコツ集としては、「まとめ:夢を見て書け! ~文章力向上を目指す35選」や「基本心得からオススメツールまで、よりよいライティングのための10のコツ」も合わせてご参考まで。


NaNoWriMo: Five Repeated Words To Hunt Down [Lifehacker AU]

Angus Kidman(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.