• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  09:00 PM

【お知らせ】ライフハッカー[日本版]がシェア<共有>をテーマにしたイベントを開催!

【お知らせ】ライフハッカー[日本版]がシェア<共有>をテーマにしたイベントを開催!

101122share.jpg


覚えていますでしょうか、1年前のあの鐘の音を...。

昨年、Web界隈のみならず、ビジネス界に大きく影響をもたらした『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』に、待望の続編が登場です。今度のテーマは「共有」。書名も『シェア 〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略』です。

そして、昨年に引き続き、ライフハッカー[日本版]では、シェアをテーマにしたシンポジウムを開催します! イベント詳細や、読者招待については下記にてお伝えしますよ。(応募は締め切りました。本当にたくさんのご応募ありがとうございました!) 


Facebook 時代の新しい経済
時代のうねりは「フリー」から「シェア」へ

たとえば、果実のなる場所を共有する「NEIGHBORHOOD FRUIT」。その所作自体は原始的ながら、オンラインの位置情報を活用することで新しいサービスへと生まれ変わっています。

これは21 世紀型のシェア〈共有〉が意味するものの一端に過ぎません。ソーシャルネットワークの形成、コミュニティの重要性の再確認、環境に対する懸念の増大、コスト意識の高まりによって、消費者はシェアし合い、人々が集まり、開かれたコラボレーションが進む社会へと向かいつつあります。

そんな中、12 月18 日に出版される『シェア 〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略』(NHK 出版)は、その的確な分析、ユニークな発想において、昨年話題となった『フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略』以上に先駆的であり、今後のソーシャルネットワークを活用したビジネスに新たな啓示を与えうる1冊となることでしょう。

そこで本書のリリースを記念した、シェア〈共有〉をテーマとしたシンポジウムを開催いたします。

SHARE BIZ JAPAN
Featuring 『シェア 〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略』


●第一部
パネリストフリー討論
「シェア〈共有〉が啓示するビジネスの未来」

出演者:

※五十音順/敬称略

〜スペシャル・セッション by SOUR

●第二部
ライトニングトーク(プレゼン大会)
「日本初(発)! シェア〈共有〉がもたらす新ビジネス」

日時:2010 年12 月1 日(水) 18:30 OPEN 19:00 START
場所:青山学院アスタジオ東京都渋谷区神宮前5-47-11
主催:ライフハッカー[日本版]
協賛:NHK出版

[応募要項]

下記のフォームから、お名前、年齢、性別、ご連絡先メールアドレス、(お持ちであれば)Twitter IDをご記入の上、送信してご応募ください。

※追記:応募は締め切りました!たくさんのご応募に感謝です!

[出演者のご紹介(五十音順)]

小林弘人(こばやし・ひろと)
1965 年生まれ。1994 年インターネット黎明期に米で勃興するインターネット文化を伝える雑誌「ワイアード」を創刊。1998 年、株式会社インフォバーンを設立。同年、月刊誌「サイゾー」を創刊。2005年、内閣府と経済産業省によるコンテンツ政策委員会に参加。出版事業の価値向上のために「出版バリューマネジメント研究会」を株式会社インスパイアと共に発足。2007 年、ブログメディア「ギズモード」の日本版を立ち上げる。09 年4 月、『新世紀メディア論』(バジリコ)を刊行。09 年11 月、『フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 』(NHK 出版)の監修・解説を担当。

■遠山正道(とおやま・まさみち)
1962 年生まれ。慶應義塾大学卒業後、1985 年三菱商事(株)に入社。1999 年スープ専門店「Soup Stock Tokyo」第1 号店を開店。2000 年に三菱商事初となる社内ベンチャー企業株式会社スマイルズを設立し、代表取締役社長になる。2008 年MBO により株式を100%取得。Soup Stock Tokyo は現在52 店舗を運営。現在、web+店舗から構成されるニューリサイクル・ショップ「PASS THE BATON(パス・ザ・バトン)」を運営し、エルメスや各界の著名人とコラボレーションするなどさまざまな施策で話題を呼んでいる。

■ 林 雄司(はやし・ゆうじ)
1971年生まれ。ニフティ株式会社勤務。1996 年から個人でホームページ「Web やぎの目」で「死ぬかと思った」「東京トイレマップ」などのコンテンツを制作し大人気に。2002 年にニフティ・デイリーポータルZ を立ち上げ、以来ウェブマスターとして執筆、イラスト制作、事務などを行っている。おもな著書に「やぎの目日記」、「おとなの自由研究」、「死ぬかと思った1〜9 巻」(すべてアスペクト)などを刊行。「興味はあっても実際にはやらない」ようなことをやってしまう、その視点や面白さが人気の秘密。

SOUR(サワー)
フランス生まれイギリス育ちのhoshijima(guitar/vocal)、銀座生まれ銀座育ちのSohey(E.bass/uprightbass)、ドイツ生まれスペイン育ちの高橋ケ無(drums/toys)により結成。「Water Flavor EP」収録曲「日々の音色」のミュージックビデオはYouTube で1ヶ月で100 万回以上再生され世界的ヒットを記録。めざましテレビ・NHK への出演も果たし、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門にて大賞を受賞。国内外で大きな反響を呼び注目が集まっている。


(常山剛)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.