• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,  10:00 PM

メディアプレイヤーをちょっと工夫して、音楽ファイルを整理整頓する方法

メディアプレイヤーをちょっと工夫して、音楽ファイルを整理整頓する方法

101118multiple_music_libraries1.jpg


今年も「クリスマスキャロルの頃」がやってきました。クリスマスソングを音楽ライブラリーの中から引っ張り出し、このシーズンならではの雰囲気を、耳で感じている人もいらっしゃることでしょう。

クリスマスソングに限らず、卒業シーズンの歌、夏を盛り上げてくれるアノ曲など「季節モノ」のミュージックを、膨大な音楽ライブラリーの中からひとつひとつ探すのは少々面倒。「オールシーズン」の曲と分けておけたら便利ですよね。

そして、音楽ライブラリーを管理する上でもっと厄介なのは、同じ曲で複数のビットレートデータを保存している場合。ロスレス形式の高ビットレートデータのみならず、MP3プレイヤーと相性のよい低ビットレートバージョンも保存していると、データが増えすぎてライブラリーの中が収拾つかなくなることもあります。

では、音楽ライブラリーをスマートに整理整頓するには、具体的にどのような方法があるのでしょうか? 米Lifehackerでは、ロスレス形式と低ビットレートバージョンを保存している場合を例に挙げ、主な2つの方法について紹介しています。

 


1. 複数のライブラリーファイルを使う

ほとんどのメディアプレイヤーは、ライブラリーデータをコンピュータの中のファイル、もしくはフォルダに保存している。ゆえに、2つのライブラリーを作って、プレイヤーを立ち上げるときにどちらかを選ぶようにすればよい

iTunesで複数のライブラリーを利用するには、まず、iTunesを立ち上げるときに、「Shift」キー(Macならば「Option」キー)を押す。すると、ダイアログボックスが表示され、ライブラリーの「作成」もしくは「選択」ができる(下画像を参照)。

101118multiple_music_libraries2.jpg

iTunes以外のプレイヤーには、このような機能が実装されていないものもあるが、複数のライブラリーファイルを使うことは可能。複数のライブラリーを利用する方法については、『foobar2000』はこちらのページ、『MediaMonkey』はこちらのページ(ともに英文)をそれぞれ参照のこと。

ただし、この方法のデメリットは、完全に別個の2つのライブラリーを管理しなければならないという点。オールシーズン聴く音楽と季節モノの曲、ロスレス形式のデータとMP3向けの低ビットレートバージョン、といったように、まったく別々のものを別管理するときには適しているが、ライブラリー間で一部重なるものがある場合は、不向きかもしれない


2. スマート再生リストを活用する

101118multiple_music_libraries3.jpg多くのメディアプレイヤーは、再生リストの中で曲をフィルターしたり、ある条件で、ファイルの表示/非表示ができる。この機能を利用して、ひとつのライブラリーにすべての音楽を保存しながら、特定のファイルだけ表示させるという方法がある。

たとえば、音楽を聴いているときは、低ビットレートバージョンを非表示にし、MP3プレイヤーと同期するときは、ロスレス形式のものを非表示にするのだ。具体的な手順は、どのプレイヤーを使うかによって異なるが、こちらでは、ライブラリーベースのプレイヤーと再生リストベースのプレイヤーに大別して、それぞれの方法を紹介しよう。

ライブラリーベースのプレイヤー

ライブラリーベースのプレイヤーには、以下のようなものがある。

iTunes (Mac/Windows対応)
Winamp (Windows対応)
Songbird (Mac/Windows対応)
MediaMonkey (Windows対応)
Rhythmbox (Linux対応)
Banshee (Linux対応)

ロスレス形式と低ビットレートバージョンが混在するケースで、音楽ライブラリーを分けるように(上記1. 参照)、2つの再生リストの作成が必要となる。片方の再生リストには低ビットレート形式の音楽だけを入れ、それ以外のものは別リストに入れるといった具合だ。

たとえば、以下の「iPodフレンドリー」ライブラリーは、作成方法も極めてシンプル。高ビットレートのファイル(この例では、400kbps未満のもの)を除外した再生リストを作ればよい。

101118multiple_music_libraries4.jpg

一方「混在する」ライブラリーは少々厄介。どれがロスレス形式で、どれが低ビットレートバージョンの複製なのか、手動で教える必要がある。このための最もカンタンな方法は、コメント欄を活用すること。たとえば「lossy」といったワードをコメント欄に入力しておき、どれが低ビットレートバージョンなのかタグ付けしておく。こうすれば、以下のように「コメント欄に『Lossy』を含まないもの」という条件で再生リストを作成できる。

101118multiple_music_libraries5.jpg

『Winamp』といったプレイヤーでは、スマートプレイリストの代わりに「スマートビュー」が作成できるが、操作手順にあまり変わりはない。

101118multiple_music_libraries6.jpg

再生リストベースのプレイヤー

プレイリストベースのプレイヤーは機能性を重視しているので、ライブラリーのための表示領域と、現在のトラックのキュー表示領域しかないのが一般的。このタイプのプレイヤーは、以下のものがある。

Amarok (Linux対応)
foobar2000 (Windows対応)

「混在する」ライブラリーでは、再生リスト作成の代わりに、現在のビューをフィルターする方法がある。具体的には、低ビットレートバージョンのものに「Lossy」といったワードをコメント付けし、ライブラリーの表示領域でフィルターする。たとえば『Amarok』では、「-comment: "Lossy"」(コメントフィールドに「Lossy」がないもの)というフィルターを使う(下画像参照)。ちなみに、「iPodフレンドリー」なライブラリーならば、「bitrate:<400」といった条件を設定すれば、フィルターできる。

101118multiple_music_libraries7.jpg

このほか、『foobar2000』などのプレイヤーでは、フィルターのたびに、以下のように「NOT comment HAS Lossy」といった条件を入力する必要がある。

101118multiple_music_libraries8.jpg

この方法でひとつ欠点があるとすれば、ライブラリーをスイッチさせるたびに、フィルタを再入力しなければならないこと。たいした手間ではないが、ワンクリックでサクっと別ライブラリーに移る、とはいかない。

いずれもユーザフレンドリーな方法とはいえませんが、音楽ライブラリーの中が無秩序に散らかっているときには、整理整頓の一方策にはなりそうですね。

このほか、もっとシンプルな方法や、マニアックなテクニックなどをご存知の方は、ぜひコメント欄で教えてください。


Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.