• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,,  12:00 PM

有名小説家が伝授する、ショートストーリーを書くための8つの法則

有名小説家が伝授する、ショートストーリーを書くための8つの法則

101112tips_writing_fiction.jpg


秋の読書シーズン真っ盛り。もはや読んでいるだけでは物足りず、「今度は自分で何か書いてみようかな?」という方はいらっしゃいませんか? 11月には「NaNoWriMo」月間として、プロ・アマ問わず、多くの「小説家」たちが、創作活動を行っています。

では、読者に伝わりやすい小説を書くには、どんなことを心がけるべきなのでしょうか? 米小説家カート・ヴォネガット(Kurt Vonnegut Jr.)氏は、著書『バゴンボの嗅ぎタバコ入れ』において、以下の8つのポイントを指摘しています。

 


  1. 時間の無駄を感じさせないように、時間を使う。
  2. 登場人物のうち一人は、読者が応援したくなるような人物を入れておく。
  3. 登場人物には、たとえ水一杯でも、何かを求めさせる。
  4. 各センテンスは、登場人物を明かす、もしくは、アクションを前進させるの、いずれかにする。
  5. 可能な限り、最初と最後を近づける。
  6. サディストになる。どんなにかわいらしく、無垢な登場人物であっても、何か恐ろしい出来事を起こすこと。
  7. ただ一人に向けて書く。広く世界に向けてたら最後、ストーリーは「肺炎」になってしまう。
  8. 読者にできるだけ情報を与える。このストーリーの中で、何がどこで起こり、その理由は何なのか? 読者が完全に理解できるようにして、読者自身でストーリーを完結できるようにする。

同時にヴォネガットは、フラナリー・オコナーが上記のうちの8つを破っているにも関わらず、名作を書いているとも言っており、あえて破る大作家も多いようです。

このほか、基本的なライティングのコツ集としては、ライフハッカーアーカイブ記事「まとめ:夢を見て書け! ~文章力向上を目指す35選」もありますよ。とびきりの傑作が生まれた暁には、ぜひライフハッカーにもご紹介くださいね。


zan(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.