• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  08:00 PM

フィルムケースで紙吹雪爆弾を作る方法

フィルムケースで紙吹雪爆弾を作る方法

101109confettibomb.jpg


オフィスでできる、ちょっとしたイタズラをお探しであれば、無害でカラフルな紙吹雪爆弾を作るなんてのはどうでしょうか?

Wiredマガジンの「how-to wiki」の「How-To Wired」に、オフィスにあるものを使ってできる、ちょっとしたイタズラが掲載されていました。今回使うのは、圧縮空気のスプレー缶、細かく切った紙切れ、または穴空けパンチの紙くずとフィルムケースだけです。

 


圧縮空気スプレーを逆さまにして、ゆっくり噴射します。透明の液体が出てくるので、フィルムケースの底5ミリ分くらい入れます。圧縮空気スプレーの液体はかなり冷たく、あまり強く噴射させると皮膚に付着し、低温火傷をする場合もあるので、充分に気を付けて下さい

次に、このフィルムケースの中に紙吹雪を投入し、蓋を閉じます。この際に、紙吹雪が蓋とケースの間に入り込まないよう注意します。蓋がぴったり閉まらないと、今回のいたずらはうまく行きません。できるだけ素早く、この作業は行なって下さい。液体空気はどんどん蒸発していきます。5−6秒でこの作業ができれば上出来です。

蓋をぴったりと閉めたら準備完了。これを逆さまにして(蓋が下になる状態)、今回の犠牲者に選ばれた人の机の上に置いておきます。

約20秒から1分後に、このフィルムケースは爆発(と言ったら大げさですが)し、フィルムケースは天井まで飛び上がり、紙吹雪が周囲にひらひらと舞うはずです。本当に飛ぶので注意して下さい

他にもオフィスで出来る、悪意がなく誰も傷つけないイタズラがあれば、ぜひコメントで教えて下さい!


Make a Confetti Bomb [Wires How-To Wiki]

Jason Fitzpatrick (原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.