• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 AM

どのファイルをどのアプリで開くかを完ぺきに管理できる『Magic Launch』

どのファイルをどのアプリで開くかを完ぺきに管理できる『Magic Launch』

101102_MagicLaunch.jpg


Mac OS X:『Magic Launch』を使うと、Macでファイルを開く際、デフォルトでファイルを開くアプリを、完全に自分の指定通りにできます

新しいアプリをインストールすると、デフォルトでファイルをどのアプリで開くかの設定が、変わってしまうことがあります(特にAdobe社製品など)。ファイルをダブルクリックして、いつもと違うアプリが起動すると「そっちじゃなーい!」と思わず突っ込みたくなりますよね。Magic Launchは、ファイルを開くアプリを完全に自分仕様にできるので、そういう小さなストレスを解消してくれます。

 


101102_MagicLaunch2.jpg※ 画像をクリックすると拡大します


例えば『Coda』を使ってコーディングしているプロジェクトに参加しているため、デフォルトのテキストエディタが、Codaに設定されているとします。しかし、個人的にコーディングは『TextMate』でする方が好きで、別件で頼まれたJavascriptファイル(.js)のコーディングは、TextMateで行ないたいと思っているとしましょう。そういう時は、ある特定のJavascriptファイルはCodaで、それ以外のJavascriptファイル(置き場所などで指定)はTextMateで開くよう、Magic Launchで設定できます。Magic Launchでは、かなり細かくファイル毎に開くアプリを設定可能です。

もう一つのMagic Launchの特筆すべき点は、シェルコマンドが実行できるところ。何かのファイルをコマンドラインで開きたい時や、X11系アプリで開きたい時も、かなり便利に使えます。

Magic Launchは、13ドルの有料アプリですが、無料のトライアル版もあります。通常は、無料や廉価版の方を勧めるのですが、Magic Launchは本当に優秀なので、開くファイルの管理を完ぺきにしたいという人は、有料版を購入しても損はしないと思いますよ。


Magic Launch [via One Thing Well]

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.