• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  12:00 PM

Facebookのダウンロード機能ではカバーされていない重要データをダウンロードする方法


Facebookに、アカウントデータが丸ごとダウンロードできる機能が搭載されました。おかげで、Facebookの「お友達リスト」や投稿メッセージ、画像・動画を、デスクトップ上にサクっとバックアップできるようになりました。このFacebookのダウンロード機能の使い方については、ライフハッカーアーカイブ記事「Facebook にアカウントデータが丸ごとダウンロードできる機能が搭載された!」や冒頭の動画チュートリアルをご参照ください。

さて、この機能、実は「すべて」のデータをきれいすっきりダウンロードしてくれるわけでもない、ということにお気づきの方もいるのではないでしょうか?

例えば、友達がアップロードしてくれた画像や、「お友達」の電話帳、メールアドレス一覧などは、この機能ではカバーされていません。そこで、テクノロジー系ブログメディア「Digital Inspiration」の創始者Amit Agarwal氏が、Facebookのダウンロード機能以外の手段で、Facebookの大事なデータ3種類をダウンロードする方法を、紹介しています。

 


1: 他のユーザがアップロードした画像

Facebookのダウンロード機能は、自分がアップロードした画像しかダウンロードしない。他のユーザがアップロードした画像をダウンロードする場合は、ワンクリックで画像をダウンロードできる『Fotobounce』がオススメ。Windows/Macの両方に対応している。

2: Facebookの電話帳

Facebookの電話帳は便利。Facebookモバイル版の「お友達リスト」に移動し、テキストファイルで保存。このデータを、ExcelやGoogle Docsにインポートしておけば、電話番号付きでお友達リストをバックアップできる。

3: 「お友達」のメールアドレス

規則違反することなく、Facebookの「お友達」のメールアドレスをエクスポートする、ちょっとした裏技がある。具体的なやり方としては、Yahooメールのアドレス帳に移動し、Facebookのアイコンをクリック。ポップアップ表示に従ってFacebookにログインすれば、Facebookのアドレス帳を、Yahooメールアカウントにインポートできる。このデータは、こちらのリンクページから、CSVファイルをダウンロードすればOK。ちなみに、同様の方法によって、GmailやLinkedInの連絡先データをインポートすることも可能だ。詳しくは、以下の動画チュートリアルもご参照あれ。

特に、Facebookのヘビーユーザさんは、Facebookのデフォルトダウンロード機能だけでなく、これらの方法を用いて、大事なデータはバックアップしておくとよさそうですね。


Download the Missing Pieces of Data from Facebook
[Digital Inspiration]

Amit Agarwal(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.