• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  07:00 PM

iPadをPCからの設定だけでデジタルフォトフレームにするアプリ『koukouTV』

iPadをPCからの設定だけでデジタルフォトフレームにするアプリ『koukouTV』

101025koukoutop.jpg孝行のしたい時分に親はなし

誹風柳多留の川柳にも言うように、親御さんはいつまでもあると思ってはいけないもの筆頭格。そこでiPadを使って親孝行しようと考えている方に...というコンセプトのiPadアプリが、こちらの『KoukouTV』です。

iPadは持っているものの、あまり操作や設定は詳しくないという親御さんのために、iPadで設定するのは「アプリをインストールするだけ」。iPadで見る写真の設定は、すべてネット経由のPCで、ブラウザから行えます。

つまり、「AppleアカウントとパスワードでApp Storeからアプリをダウンロードする」という点だけなんとかクリアしてもらえれば、写真を贈る側の手元にiPadが無くても、iPadをデジタルフォトフレーム化できる、というわけです。

以下にてその手順をご紹介します。
 


もしかしたら、最大の難関かも知れませんが、iPadにアプリ『koukouTV』をインストールします。11月30日までの期間限定で、無料でダウンロードできます。

無事、ダウンロード出来たら、iPad側で行うことはただ1つ。アイコンを押すだけ。


101025_koukoutv01.JPG


アイコンを押すと、端末IDなる番号が表示されます。この番号さえ分かれば、以降の設定はすべてブラウザで行えます。実家の親御さんの手元にiPadがあるならば、なんとかここまで行ってもらい、端末IDを聞き出します。

次はブラウザでkoukouTVの設定画面を開きましょう。


101025koukoutv01.JPG


iPadを選択すると、


101025_03koukoutv.JPG


端末IDの入力欄がでてきます。ここに、iPadで表示された10桁のIDを入れます。


101025koukoutv03.jpg


続いて、iPadで表示する写真を保存したWebアルバムサービスを選択します。現時点では

  • Flickr
  • Picasa
  • PhotoShare
  • フォト蔵
  • Facebook
  • TwitPic
  • Plixi

の7種類。今回はGoogleアカウントを使って、Picasaを選択してみました。アカウント入力が終わると、保存されているアルバムが表示され、どの写真をiPadで閲覧できるようにするか、選択できます。ただし、選択できるのは1つのアルバム。選択が終わったら、画面一番下の「設定」を押します。


101025_04koukoutv.JPG


ブラウザでの設定が終わったら、あとはiPadの『koukouTV』を再度起動するだけで、先ほど指定したアルバムのスライドショーが始まります。表示順はランダムのようです。iPad側ではアプリ起動以外の操作は必要ありません

「別のアルバムの写真を見せたい!」「Picasaの容量が一杯になったので、iPadで見せる写真をFlickrにアップしたものに切り替えたい」という場合も、ブラウザの設定画面でアルバムを選択肢直したり、PicasaからFilckrに選択し直したりするだけで、変更が可能です。やはり、iPad側ではなにもしなくてOKです。

ちなみに、iPad側からアルバムを選択するなどの設定も、画面右上の「メニュー」から可能ですので、遠隔地のiPadだけでなく、手元のiPadをデジタルフォトフレームするのにもちょうどいいアプリです。11月末まで、通常価格350円が無料でダウンロードできます。


koukouTV

(常山剛)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.