• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   09:00 PM

Google InstantがChrome(dev/canary)のアドレスバーで利用可能に!


速いとウワサの新検索機能「Google Instant」。米Lifehackerの実験によると、Google Instantは従来のGoogleに比べて、検索1回あたり1.7秒速かったとか。

この機能が通常の検索ボックスだけでなく、ブラウザのアドレスバーで直接使えるようになれば、さらに便利ですね。そこで、この度『Google Chrome(dev/canary版)』に搭載され、アドレスバーの「omnibox」から「Google Instant」での検索ができるようになったそうです。

 


一連の動作は、冒頭動画のデモをご参照いただくとして、やり方はとてもシンプルです。Google Chromeを立ち上げ、まずは「omnibox」で「about:labs」と入力。すると、「Labs」のメニュー一覧画面が表示されるので、上から3つ目の「Instant」にある「enable(有効にする)」をクリックすればOK。再起動すると「Google Instant」が使えるようになります。

これまでも、Google Chromeの「omnibox」では、検索キーワードのサジェスト機能がありましたが、「Google Instant」ではこれがさらに進化。ドロップダウンリストにある各検索候補のウェブサイトが、ダイレクトに表示される仕組みです。たとえば「omnibox」の検索ワード候補の間を上下移動するたびに、表示されるウェブサイトも、クルクルと変わっていくというわけです。

また「Esc」キーを叩くか、検索ワードを削除、もしくはブラウザ左上の「x」ボタンをクリックすれば、「Google Instant」の検索結果を、現ページトップのレイヤーで表示できます。

現在、『Google Chrome』の中で「Labs」オプションが表示されるのは、Windows向けのdev/canary版のみ。つまり、「Google Instant」を「omnibox」で利用するのも、これらのバージョンに限られていますが、今後、すべてのChromeで実装されていくことを期待しましょう。


[via Gizmodo]

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.