• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  02:00 PM

ブラウンシェーバー・Contourシリーズの、充電池を交換する方法

ブラウンシェーバー・Contourシリーズの、充電池を交換する方法

100908shaver.jpg
Photo by jon|k


最初にへたれるのは、充電池という法則は、シェーバーにも当てはまりますよね。

替え刃を交換しても、肝心の充電池がおシャカになって、ヒゲが剃れない。まだ使える本体を打ち捨てて、新機種に買い換えるのが一番手っ取り早い方法ではありますが、新しいから必ずヒゲが剃れる、とは限りません。使い慣れたシェーバーで剃るのがいいことも、よくある話です。

私が使っているシェーバーは5年ほど前に購入した、Contour 5874というモデルで、なんの不満も無く使ってきたものの、充電池の劣化には勝てず、すぐに電池切れを起こすようになっていました。そこで、充電池の交換方法を探ったところ、詳細な交換手順が見つかりましたので、ご紹介します。
 


私の5874よりちょっと新しい、Contour 5897の電池交換手順を紹介しているのは、@okojyohanさんのブログ「Purple Sprout」。


100908braun.JPG


交換に必要なものは、

  • トルクスドライバー(T8)
  • 交換する充電池2本

の2つ。私は、秋月電子通商の通販で「タブ付ニッケル水素電池 単3型1.2V 2450Ah」を2本購入しました。送料込みで1200円。ネタ元の記事では、ネジ隠しの位置や、電池の形状など、わかりやすい写真で解説してくれているので、楽々に交換できました。

シェーバー内の充電池は両面テープで固定されていますが、それほど強いテープではなかっため、マイナスドライバーを使ってテコの原理で外しました。このあたりの細かい点も記述があったので、助かりましたね。

電池交換も終わり、5874に電源コードを繋ぐと、表示されなくなっていたChargeランプが復活。無事新品の剃り心地も復活しました。

現在販売中のBRAUNシェーバーは、ネジの位置や内部構造が変更されているため、この通りに交換できるかどうかは未知数ですが、こんなタイプあんな形のBRAUNシェーバー電池交換レポートもありましたので、もし同じ形状のモデルをお持ちの方は、自己責任ゾーンではありますが、ご参考にどうぞ。

他のメーカーや、他機種の電池交換方法をご存知の方は、ぜひコメントで教えてください。


BRAUN Contour 5897 充電池交換 [Purple Sprout]

(常山剛)
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.