• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

Gmailフィルタでメルマガ類がスパム扱いされるのを防ぐキラーワード(英語)はコレ

Gmailフィルタでメルマガ類がスパム扱いされるのを防ぐキラーワード(英語)はコレ

100927gmailfilter.jpg


メルマガが迷惑メール・フォルダーに入っていたことはありませんか?

メーリングリストやメールマガジン、ニュースレターなどを受信するのに大容量のGmailは便利ですよね。ご存知のようにフィルタを作成し、仕分け方を設定しておけば、Gmailは送られてくるメールを自動的に振り分けてくれます。ただ受信するだけでなく、フィルタ使ってメールのラベル付けを行い、整理されている方も多いのではないでしょうか。

それでも、メールが誤認されスパムメール扱いになってしまうことがあります。必要な英語のメールがスパム扱いされ、失敗したという経験を持つ人は少なくないでしょう。フィルター精度がイマイチという場合は、設定を見直してみると、改善が期待できるかもしれません。

まず始めに、ニュースレター(メールマガジン)を複数見比べてみましょう。あれ?この単語はよく見るなぁという共通ワード&フレーズに気づいたら、内心『しめしめ』です。Google先生にSPAM判定を喰らわないためには、それらのメルマガなどで使いそうな言葉、冒頭の画像で示したような頻出キーワードをフィルタに登録しておき、その言葉を含むメールにラベルをつけるというキーワードフィルタがなかなか効果的なんですって
 


このTipを教えてくれたDan Taraborrelliさんは以下の語句を登録したところ、迷惑メールに誤分類されることなく、99%の割合でキャッチできたそうです。英語ですが、ご参考までに:

"opt-out" OR unsubscribe OR "viewing the newsletter" OR "privacy policy" OR enews OR "edit your preferences" OR "email notifications" OR "update profile" OR smartunsubscribe OR secureunsubscribe OR yahoogroups OR "manage your account" OR "group-digests"


配信設定やプロフィール情報・会員登録(アカウント登録)内容の変更、プライバシーポリシー(個人情報保護方針)など言われてみれば、どれも見覚えありますね...確かにありがちですね。一緒くたにしたくないドメインなどがある場合は、除外キーワードを指定する演算子「- (ハイフン)」を利用してください。例えば、「-(*@facebookmail.com)」こんな感じで。

配信停止をしたいメルマガ類を探すときは「unsubscribe」で検索するアイデアは以前ご紹介しましたが、日本語は表現がたくさんあるから、ちと困りもの。配信停止にあたる「unsubscribe」も英語では単語ひとつで済みますが、「登録解除 OR 配信解除 OR 配信中止 OR 配信停止 OR 購読解除 OR 購読中止 OR 購読停止」ぐらい入れないと全部拾えないですから。コメントを下さった日本版の読者Anonymousさんによると、『メルマガ登録した後返ってくる確認メールに「登録」タグ付けとくと便利』とのことです。メッセージの分類に便利なおすすめキーワード(日本語)があれば、ぜひ教えて下さい。


[via #tips]

Dan Taraborrelli(原文/訳:kiki)
 

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.