• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   10:00 PM

『DropPub』は任意のファイルを、右クリックからDropboxのパブリックフォルダへコピーし、リンクをクリップボードへコピーしてくれます!


Windowsのみ:Dropboxを使って、友達とファイルの共有などを頻繁におこなっている方には、フリーアプリ『DropPub』がかなり便利です。任意のファイルをコンテキストメニューから共有したり、クリップボードへリンクを追加できます

 


DropPubを設定するには、まずzipファイルをダウンロードし、システム上のどこかに解凍します(この場所はパーマネントロケーションとなるので、プログラムファイルに入れておくのが無難です)。それからDropPub.exeへのショートカットを作成し、「Dropbox Public Folder」などの名前を付け、そのショートカットを「%APPDATA%/Microsoft/Windows/SendTo」フォルダへ移動させます。

これで、Windows Explorerから任意のファイルを「右クリック>送る>Dropbox Public Folder」で、パブリックフォルダにコピーできます。また、パブリックリンクがクリップボードへコピーされるので、IMやメールなどに貼り付けて、簡単に送信することも可能です。

最初にDropPubを起動する際には、Dropbox Public ID(ファイルのパブリックURLの「/u/」の後に来る数字の部分)と、パソコン上のパブリックフォルダの場所を入力する必要があります。この情報は一度入力しておけばOKです。

設定方法の詳しい説明は上の動画を参照してみて下さい!


DropPub [Autohotkey tools by fwinkelbauer]

Whitson Gordon (原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.