• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,  12:00 PM

アナタのお気に入りはどれ? モバイル系ToDoリスト管理アプリ5選

アナタのお気に入りはどれ? モバイル系ToDoリスト管理アプリ5選

100906top5_todolists2.jpg


ToDoリストを使った仕事管理は、もはやアナログな手帳やPCのデスクトップだけでなく、モバイル端末にも広がっています。そこで、米Lifehackerでは、人気のモバイル系ToDoリスト管理アプリを5つ挙げてみました。

1. Remember the Milk (Android・Blackberry・iOSに対応。Pro版 25ドル/年)

100906top5_todolists3.jpg

「Remember The Milk」は、言わずと知れたウェブベースのToDoリスト管理サービス。このウェブサービスと連携したモバイルアプリ『Remember The Milk』は、iOS/Blackberry/Androidに対応しています。タスク作成がカンタンで、位置ベースのアラート機能など、様々な操作が可能。また、従来、モバイルアプリはPro版(25米ドル/年)のみの展開でしたが、使える機能が一部限定されているものの、iOSでは無料バージョンも提供されはじめています

 


2. Gtasks (Androidに対応。ベーシック版無料、プレミアム版3.99ドル)

100906top5_todolists4.jpg

Googleアカウントとの相性バッチリなのが『Gtasks』。スマートフォンとGoogleアカウントの自動同期が可能で、ウェブ上のGoogleタスクは、Gtasksと同じようにソート・整理されます。また、タスクを他のユーザに共有できるのも特徴です。

3. Omnifocus (iOSに対応。2,300円)

100906top5_todolists5.jpg

『OmniFocus』は、ToDoリスト機能のみならず、テキストのキャプチャができ、音声、画像をToDoボックスにまとめて保存できる機能も搭載。また、最寄のスーパーに近づくと、買い物リストが表示されるといった、位置情報を活用したタスク管理も可能です。Mobile Meアカウントや『Omnifocus』のデスクトップ版、またはウェブサーバーで同期できます。

4. Astrid (Androidに対応。ベーシック版無料、アドオンパワーパック4.99ドル)

100906top5_todolists6.jpg

『Astrid』は無料のAndroid向け、ToDoリスト管理アプリ。スタンドアローンとしても使えますが、「Remember The Milk」や「Producteev」といったメジャーサービスとの同期も可能です。また、「アドオンパワーパック」と呼ばれる有償版では、バックアップやタスクタイマー、カレンダー統合といった機能も追加で使えるようになります。

Things (iOSに対応。1,200円)

100906top5_todolists7.jpg

『Things』は、Mac OS XとiOSデバイスを同期する、人気のToDoリスト管理アプリ。基本的なToDoリストの管理にとどまらず、まるで「パーソナルマネジメントシステム」のような仕組みで、スケジュール管理や、「いつかやろう」と思っているテーマや予定も、一緒に管理できます。

ちなみに、現在行われている米Lifehackerの読者アンケートの途中経過は、以下のとおり。『Remember the Milk』が支持率21.9%でトップとなっています。


100906top5_todolists1.jpg


皆さんは、これらのアプリの中でどれがお気に入りですか? また、この5つ以外に、「実は、これがオススメ」という秀逸アプリをご存知でしたら、ぜひコメントで教えてくださいね。


Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.