• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  10:00 PM

Googleの追加容量に保存されたデータは期限切れ後も「読み取り可能」らしい

Googleの追加容量に保存されたデータは期限切れ後も「読み取り可能」らしい

100903google_additionalstorage_tip.jpgGoogleでは、Gmail/Picasa/Google Docsのための追加容量サービスがあります。大量の画像データやファイルを、クラウドベースで保存したい人には便利ですね。そこでこちらでは、これをさらにお得に使う方法をご紹介しましょう。

Googleの追加容量サービスは、最小20GBから最大16TBまで、いずれも年間ベースでの料金設定となっています。もちろんサービス期限が切れてしまうと、追加分の容量は使えません。しかし、Googleポリシーによると、期限が切れた後も、サービス提供期間内に保存されたデータの読み取りは可能なのだとか。

 


そこで、米Lifehacker読者のgthingさんは、さしあたり初年度分の料金を支払い、既に見終わったTV番組など、必要性は高くないけれど、消去してしまうのはもったいないデータを、Googleのデータストレージにバックアップ保存しているそうです。

2年後以降も、このようなデータの保存が見込まれれば、引き続きサービス料を支払えばいいですし、そうでない場合は、サービス停止してしまっても、既に保存したデータは見ることができる、というわけですね。

ちなみに、Googleの追加容量の購入は、こちらのページにて可能です。「最近、PCがなんだか重くなってきたな~」と感じている方は、『Primitive File Size Chart』や『OverDisk』などでPCのディスク容量チェックをし、必要に応じて、このようなストレージサービスをうまく利用しましょう。


[via #tips]

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.