• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 AM

「ランニング前のストレッチには害も益もない」という説

「ランニング前のストレッチには害も益もない」という説

ランニング前に欠かせないストレッチ。ケガの防止につながるというのが「通説」とされていますが、運動前のストレッチの是非は、スポーツ界では長年の議論の的でもあります


米紙「ニューヨークタイムズ」では、いくつかの研究結果をもとに、ランニング前のストレッチの是非について、採りあげています。

米国陸上競技連盟(USA Track and Field)のある研究では、13~60歳の1,400名を対象に比較実験を実施。被験者を2グループに分け、片方のグループはストレッチなしで、残りのグループは、スタティックストレッチ(Static Stretch)で、ふくらはぎや大腿二頭筋・大腿四頭筋などを伸ばす運動をして、それぞれ3ヶ月間、ランニングをさせました。すると、ストレッチしなかったグループも、ストレッチをしたグループも、それぞれ16%が怪我をし、1週間程度、ランニングを休んだとか。この結果から、ストレッチは怪我の予防にならないが、怪我を引き起こすものでもない、という結論が導き出されたそうです。

 


本当に、ストレッチは害も益もないものなのでしょうか?

多くの研究結果では、運動前のスタティックストレッチは、怪我の予防につながらないのみならず、パフォーマンスを妨げる可能性がある、と指摘されています。過去のある実験では、スタティックストレッチをすると、ストレッチをしない場合に比べて、ジャンプが低くなるという結果もあるそうです。一方で、ランニングで起こりがちな、筋肉などへの酷使による怪我の防止には、多少なりとも効果がある、という報告もあります。

では、すでに運動前のストレッチを習慣にしている人は、どうすればよいのでしょう?

米国陸上競技連盟の研究によると、運動前のストレッチを習慣にしていた人が、急にストレッチを止めると、怪我する割合が高くなったとか。従来のルーチンに体が順応しているので、その流れを急に崩すと、怪我につながりやすいそうです。つまり、ストレッチ自体はやったところで大きな害はないので、これまで習慣にしてきた人は、ストレッチを継続したほうがよいようです。

このほか、怪我を防ぐランニング術としては、「歩きを挟む」とか「ハダシで走る」といったものもありますよ。自分の体とうまく付き合いながら、ランニングを無理せず楽しみましょう。


Phys Ed: Does Stretching Before Running Prevent Injuries?
[NYTimes.com]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.