• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 AM

ハードウェアストレステストでPCを安定させる方法

ハードウェアストレステストでPCを安定させる方法

100831styhtpkycs.jpg


パソコンの何かがおかしい時、実際の問題が何なのかを、正確に突き止めるのは至難の業です。頻繁にクラッシュしたり、意味不明なエラーが繰り返し発生したりという状況は、誰でも避けて通りたいもの。ソフトウェアの問題、ということもありますが、ハードウェアの問題という場合も多くあります。今回は問題がハードウェアの場合に焦点を当て、ハードウェアのストレステストを行うことによって、ハードウェアの問題を予防する方法を、ご紹介します。


100831styhtpkycs2.jpg


ハードウェアが、原因のクラッシュやフリーズなどを起こさない、安定したPCが嫌いだという人は、おそらくいないかと思います。そして、パソコンを安定させることを目的としたアプリケーションは、ネット上にあふれんばかり。極限状態までのハードウェアストレステストを行うことにより、PCが問題なく、安定した状態を維持できるようになります。

今回取り上げているアプリは、長時間に渡って使用すると、より効力を発揮するアプリばかりです。数時間、または一晩単位での使用をお勧めします。グラフィックカードやCPUのテストは、数分のみ行っても、正確なデータは取れません。あいまいな問題や、負荷関連の問題を診断しようとする場合は、特にそうです。なので、空いた時間にちょっと、というのではなく、ある日の午後を全部、または一晩費やして、問題の解決を図ってみてください。

 


100831styhtpkycs3.jpgのサムネール画像
※ クリックで拡大


まず最初に『HWMonitor』などの、ユティリティをダウンロードします。これは、全PCコンポーネントのコアや、外部の温度センサーを正確に測定してくれるツールです。『SpeedFan』、または、類似ツールと併せて使うと、温度やファンスピードなどを監視できます。システムの安定性を測定する場合には、これらの情報は重要となってきます。


■CPUストレステスト

PC 内の他のコンポーネントとは異なり、CPU問題は発見するのが難しい場合があります。メールの確認などは問題なくできるのに、少し重たい作業になると、システムがへばってしまうという状態も、よくある話です。安定したCPUは、エラーやシステムクラッシュなしで、正確な計算ができなくてはなりません

これをテストするには、通常『Prime95』というサディスティックなテストが用いられます。このアプリは、もともと計算能力を総動員して、新しい素数を発見するのを目的としており、研究者用に作成されたものです。このプログラムは、CPUとRAMを極限状態まで酷使するので、最適なテストツールとして今は使われています。今回は、まさにその目的のためにこのツールを使用します。

Prime95には、主に3つのテストオプションがあり、 それぞれマシンの異なる部位に負荷をかけていきます。スモールFFTは、基本的なRAMテストと、かなりの負荷のCPUストレスのテストです。インプレイスラージFFTは、RAMテストのスコープを増加させ、CPUの最高温度まで負荷をかけていき、パワー消費を促します。また、その二つの中間のテスト、ブレンドテストは包括的なRAMおよび、CPUテストを同時に行います。ほとんどの場合、特に一晩かけてテストする場合、インプレイスラージFFTを行うのが、最も効果的です。エラーなしでシステムが作動した場合、CPUはかなり安定していると言えます。

100831styhtpkycs4.jpg

しかも、以前のバージョンからアップデートされ、Prime9は全てのコアのテストに対応。ただし、Advanced Menuにある「Round off checking」を有効にするのを、忘れないでください。有効になっていない場合、計算エラーがレポートされず、問題が起きたかどうかを知る唯一の手がかりが、BSODまたはクラッシュとなってしまいます。

もうひとつの頼りになるオプションは、さらに最近の『IntelBurnTest』アプリケーション。インテル社独自のCPUテストユティリティをベースにしたこのツールは、CPU、Northbridge、その他のPCコンポーネントに、極限の負荷をかけます。しかも、かなりスピーディーにこの作業を行います。ですが、これはインテルのみのツールなので、AMDユーザはPrime95、または『OCCT』などを使ってください。

100831styhtpkycs5.jpg

CPU ロジックのストレステストは、Prime95もかなり優秀ですが、IntelBurnTestは別格なので、CPUはすぐにヒートアップしてしまいます。テストに使用したMacBook Proが、一瞬にして100度を超える熱さになったので、ラップトップのテストを行う方は、十分に注意してください!


■RAMテスト

問題が発生した際に、診断が難しいもうひとつのコンポーネントがRAMです。深刻な問題が起こっている場合、その問題識別には『Memtest86+』というツールを使用します。今のところ、これがメモリ診断のベストツール。ランダムな書込、データの移動などのテストを行い、RAMベースのエラーを検出します

Memtest86+は、USBスティック、またはCD-ROM、または昔懐かしいフロッピーディスクから起動させるのがベストです。WindowsやLinux内から走らせられる、Memtest86+のビルドもありますが、正確な結果が出ない場合があります。

100831styhtpkycs6.jpg

合計9つのテストが用意されていて、リストの下に進むほどスコープが広がります。最初のテストは、明らかな問題を見つけるのに最適で、新しいPCを組んだ場合や、新しく追加したRAMをテストする場合などに重宝します。ですが、一見分かりづらい問題、例えばレベル5のテストでは、実行時間とエラー検出のバランスをチェックします。

正確な診断結果を得るには、Memtest86+の最初のいくつかのテストを、少なくとも一度は行うことが奨励されています。開発者によると「ひどく難解なエラー以外は、これで検出されるはず」とのこと。より包括的な結果を得たい場合は、一度ではなく夜通しテストを行い、朝になった時点で、まだアプリケーションが実行されているかどうかを確認してください。


■GPUストレステスト

100831styhtpkycs7.jpg

他のPCコンポーネントと比較すると、グラフィック関連の問題は目に見えるので、発見しやすいかと思います。

GPUストレステストには、以前であれば『ATITool』がお勧めツールだったのですが、現在では『FurMark』というアプリがお勧めです。その名の通り、FurMarkは、かなりキメの細かい毛皮を、動いているものの上にリアルタイムで表示させ、システムのグラフィックカードに負荷をかけていきます。すぐにグラフィックカードの限界に達するので、グリッチ問題、熱問題などが起こる可能性があるかどうかを、判断できます

他にお勧めなのが、DirectXベースのツール『rthdrbil』です。FurMarkとは違い、このアプリは、複雑なHDRライト、および反射をリアルタイムでレンダリングすることによって、グラフィックカードに負荷をかけていきます。この画面を見ているだけでも、なかなか凄いですが、システムのグラフィックカードがギブアップするまで、さほど時間はかからないはずです。

またグラフィックカードのテストならば、実際にゲームをやってみるのが一番の方法。例えば『S.T.A.L.K.E.R』シリーズは、グラフィック関連の問題を常に抱えていることで有名です。ウェブサイトに、ベンチマークテストツールが提供されているので、それを使ってみるのもひとつの手ですが、やはりFurMarkやrthdrbilを、主なテストアプリとして使うのがお勧めです。

100831styhtpkycs8.jpg


PCコンポーネントに問題が見つかった場合は、製造者に連絡をしてみて下さい。購入したばかりのCPUやグラフィックカードであれば、問題点が確認できるので、返品・交換してくれるはずです。

今回はストレステストによく使われる、定番アプリをいくつかかいつまんで紹介してみましたが、他にもお勧めツールなどがあれば、ぜひコメントで教えてください!


How To Stress Test Your Hardware and Keep Your PC Stable [Tested]

Matt Braga (原文/訳:まいるす・ゑびす)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.