• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   04:00 PM

辛い系フードに強くなるための6つの方法

辛い系フードに強くなるための6つの方法

100819tolerance_spicyfood.JPG
Photo by delphaber.
厳しい残暑が続いていますね。つい冷たいものばかりを摂ってしまい、食欲が湧かずにバテ気味...になっていませんか? インド料理の王道「カレー」や、タイの辛すっぱいスープ「トムヤムクン」など、暑い地域では辛いものを食べる習慣が多くみられますね。


香辛料には食欲を刺激する効果があり、辛いものを食べて汗をかくことで、体温を下げるという利点もあるそうです。とはいえ、辛い系フードへの耐性は、ヒトによって違うもの。こちらでは、辛い食べ物に強くなるちょっとした方法を、ご紹介しましょう。

 


フード系ブログメディア「Serious Eats」では、辛さに徐々に慣れていくためのコツとして、以下の6点を挙げています。

1: 「少しづつ」からはじめる

黒コショウを少し振ってみる、唐辛子をスープに加えてみるなど、少量からスタートさせよう。ケチャップを使うときに、タバスコを数滴一緒にたらすのもグー。

2: 食べ物をじっくり味わう

食べ物の味や香りを大事にすること。香辛料をたくさん使いすぎるのはNG。少量のほうが、本来の味が引き立つ。また、複数のスパイスをあれこれと振りかける前に、まずは一種類だけ加えて、味見しよう。

3: 辛さレベルは徐々に上げる

辛さレベルは徐々に上げていく。初心者は、いきなりハラペーニョ(jalapeno)やセラーノ(serrano)のような、激辛唐辛子に挑戦するのではなく、比較的マイルドなポブラーノ(Poblano)や、キューバネール(Cubanelle)からスタートするのがオススメ

4: 「辛味」はお好みで調節できるようにする

お好みの辛さレベルは、人によって様々。スパイシーなソースやサルサソースなどは、サイドに添えておき、好みに応じて、量を調節できるようにするのが望ましい。

5: カラダを冷ます食材を加えて辛さをマイルドに

辛い系フードには、体を冷ます素材を加えるのがコツ。少量の牛乳やサワークリームなど、乳製品を少し加えると、辛さがマイルドになる。ココナツミルク入りの辛い系アジアンフードや、インド料理・メキシカン料理に、コリアンダーやライムがつきものなのも、その例。

6: 無理しない

辛い食べ物は、人によっては胃を荒らすこともある。辛いものを食べたあと、頻繁にお腹を壊す人は、体質に合っていないのかも。このような場合は、辛い系フードは避けたほうがよい。

辛い系ソースは、スーパーや輸入食材店で、多種多様に売られていますが、自分の好みに合わせて自作するのも、一法ですよ。いまや超品薄で、スーパーではなかなか買えない「ラー油」の作り方や、甘酸っぱ辛いアジアンソース「シラチャーチリソース」のレシピなども、参考にしてみてくださいね。


6 Ways to Build Your Spicy Food Tolerance
[Serious Eats]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.