• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  08:00 AM

ドローンアンビエントトラックをカンタンに作る方法

ドローンアンビエントトラックをカンタンに作る方法


先日、Justin Bieberのトラックを800%スローにした、美しいドローンアンビエントトラック(英文記事)が、話題となりました。今回は、自分も作ってみたい! という方に、ドローンでアンビエントなトラックの作り方を、ご紹介します。

スローなJustin Bieberのトラックを、まだ聞いていない方は、以下の原曲とスローダウン版を、聞き比べてみてください。


■原曲


■スローダウン版

 


以下の作り方は、今回使用している『Paul Stretch』を教えてくれた読者、pbhj氏にインスパイアされたものです。


1. Paul Stretchをダウンロード・インストール

まず、音声ファイルをストレッチできるツール『Paul Stretch』を、こちらからインストールします。Windows用です(テストしていませんが、WINEを使えばLinuxでも、WineBottlerを使えばMac OS Xでも、使用できるかもしれません)。

2. Paul Stretchで曲を開き、パラメーターを設定する

100819hcyosdae2.jpg

File > Openから、ドローンアンビエントに変身させたい曲を選びます。ストレッチタイムは、スライドバーを動かして、1~10,000の間で設定できます。「Stretch:」の横にある数字が、スローダウン具合の数値で、( )の中の数字は、スローダウン加工後の、曲の長さです。

3. スローダウンした曲をレンダリング

100819hcyosdae3.jpg

「Write to File」のタブへいき「Render selection」をクリックします。ファイルに名前をつけて、出力されるフォーマットを選択します。ストレッチする値の大きさと、ソースの曲の長さによって、レンダリングにかかる時間はかわります。100以上に設定してスローダウンさせるなら、かなり待つ心構えが必要です。

「pos1」、「pos2」でポジションを設定すれば、1と2の間だけをレンダリングできるので、まずはそれで実験してみるといいかもしれません。もしくは、再生ボタンを押して、プレビューを聞いてからレンダリングすると良いです。

4. 聞いて楽しむ

レンダリングが済んだら、指定したフォルダに出力されます。あとは開いて、聞くだけです。自作のドローンアンビエントサウンドをお楽しみください!

この曲をスローダウンさせたら、凄いことになった! という方は、コメント欄への記入お願いいたします。


Adam Pash (原文/訳:松井亮太)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.