• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,,,,  08:00 AM

デジタル系ホームレスも出現? 究極のデジタルライフとは

デジタル系ホームレスも出現? 究極のデジタルライフとは

100817physicalstuff_digitalcounterparts.jpg


音楽も動画も書籍も、どんどんデジタルにシフトしている昨今。CDやDVDのための収納スペースはもちろん、本棚すら、家庭から消えてしまう日は、そう遠くないかもしれませんね...。そこでこちらでは、すでに究極のデジタルライフを実践している人々の例を、ご紹介しましょう。

英メディアBBCでは「21世紀のミニマリストたち」として、以下の3つの例を紹介しています。

1: 米ニューヨーク在住の22歳男性エンジニア

米ニューヨークブルックリンのマンションに暮らす、Kelly Suttonさんの所有物は、ラップトップPCとiPad、Amazon Kindle、外付けハードディスク2台と、いくつかの洋服、ベッドシーツのみ。その他のものは、自身が立ち上げた「CultofLess.com」で、売ったり、譲ったりしたそうです。iTunes、Hulu、Flickr、Facebook、Skype、Google Mapsといった、オンラインサービスを使いこなすことで、ミニマリスト生活を実現できているとか。

 


2: 米ワシントンDC在住の27歳男性DJ

デジタルライフを実践している、ワシントンDCのDJ、Chris Yuristaさんは「音楽のデジタル化によって、持ち物を整理したり、掃除する必要がなくなった」と、感想を述べています。ちなみに、彼の所有物は、バックパックに詰められる程度の洋服と、ラップトップPC、外付けハードドライブ、小型ピアノキーボードと自転車で、総額3000米ドル(約25.6万円)程度。

3: 米ニューヨーク市在住の夫婦

ニューヨーク市のテクノロジーコンサルタント、Joshua Kleinさんは、夫人とともに、持ち物を徹底的にデジタル化し、それまで所有していたものの、3分の2を処分。ラップトップPCとともに、9ヶ月間もの間、ニューヨークで路上生活を送ったそうです。

もちろん、彼らのような極端なデジタルライフにはリスクもあります。実際、PCを片手に路上生活を体験したKleinさんは、「自分の寝床がどこになるのかわからない」という生活は耐えがたいかもしれない、と述べています。

また「商売道具」である音楽を含め、すべてをデジタル化したYuristaさんは、ハードドライブが壊れたり、サーバーがダウンすることで、自分の生活が失われてしまうのではないか? と、ときどき不安を感じるそうです。

また、この記事では、より多く人々が、大事なものをデジタルで保存するようになれば、データ復旧サービスが「21世紀の消防士」のような役割を果たすようになるだろう、と指摘。火事によって、それまでの財産が消えてしまうように、コンピュータが壊れることで、彼らのデジタル財産が壊滅してしまうこともありうるわけです。実際、「Drive Savers」、「DTI Recovery」 といった、データ復旧サービス会社では、24時間対応できる体制をとっています。

デジタル化は、さらに進化の兆しが...。英オックスフォード大学の研究員、Anders Sandbergさんによると、ヒトが年を取っていくことで失われる記憶を、予めコンピュータで「バックアップ」しておく時代が来るかもしれないとか。「マインド・アップロード(mind uploading)」という考え方で、脳の神経ネットワークやシナプスを、すべてマップ化し、脳にある情報をコンピュータにコピーしたり、転送しておけば、ヒトのカラダの外で、意識を作りだすことができるそうです。つまり、理論上は、電子書籍やデジタル音楽と同様、ヒトの意識も、ハードディスクの中で半永久的に生き続けます。まるで、SFの世界ですね。

デジタル化に限らず、何事にもメリットとデメリットはつきもの。自分の生活をより快適に、便利に、楽しいものにするために「何をどこまで取り入れるか?」を自分なりに判断して、実践していくことが、大事なポイントかもしれません。


Cult of less: Living out of a hard drive [BBC]

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.