• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,  06:00 PM

ベスト・オブ・ザ・スーパー・ストリーミング・ミュージック2010

ベスト・オブ・ザ・スーパー・ストリーミング・ミュージック2010

100811bsms.jpg


ウェブ上には、無料で音楽を楽しめるサイトがたくさんあります。例え有料でも、無制限に楽しめて、モバイル対応で、オフラインでも聞けるなら利用したい、という方もいるかと思います。

そこで今回は、米Lifehackerオススメの音楽ストリーミングサービスを、ご紹介します。有料のものも多いですが、ストリーミングミュージックの中のストリーミングミュージック、出てこいやっ!!

下記の表は、メジャーなストリーミングサービスのカンタンな概要です(英文、クリックで拡大)。


100811bsms1.jpg


以下は、米Lifehackerによる、各種サービスの詳細です。

 


※注 音楽ストリーミングサービスは膨大な数あるので、今回は利用者が多く、認可されているものを中心に、採り上げています。各種サービスに、皆様の好きなアーティストの楽曲があるかどうかは、不明です。また、日本で利用できないものは、詳細を省いています。


■オンデマンド・ストリーミング

MOG

利用可能地域:世界中

    価格
  • 「Basic」:ウェブストリーミング+カスタマイズしたラジオ局の試聴ができます。月/4.99米ドル。
  • 「Primo」:Basic版の内容+モバイルアクセス+オフラインストレージ。月/9.99米ドル。

プラットフォーム:Basicは、ウェブのみ。Primoは、iOSとAndroidにも対応。

ライブラリー:740万

ストリームレート:256 kbps(ウェブ) / 63 kbps(モバイル)

オフラインストレージ:64 kbps AAC / 320 kbps MP3(ともにモバイル)

無料トライアル登録:3日間のPrimoサービス(クレジットカード不要)

Napster

利用可能地域:米国、英国、カナダ、ドイツ、日本

    価格
  • 1ヶ月、3ヶ月、1年のプランがあり、3ヶ月と1年のプランでは、毎月15曲のダウンロードクレジットが提供されます。月/5~7米ドル
  • 「Napster to Go」のプランでは、最大3つのデバイスへ無制限に楽曲を移せます。月/14.95米ドル。

プラットフォーム:Windows、Windows対応のMP3プレイヤー。

ライブラリー:「1000万以上」

ストリームレート:128~192 kbps(トラックによって異なる)

オフラインストレージ:ダウンロードクレジット経由。

無料トライアル登録:一週間のストリーミング(ダウンロードクレジットはなし)。クレジットカードが必要です。

その他機能:サインインしていないと、画面右下に女性が現れ、少々うっとうしい喋りを展開します。

Grooveshark

利用可能地域:世界中

    価格
  • Groovesharkのウェブサイト経由:無料(広告有り)。
  • Grooveshark VIP(デスクトップ・モバイルアプリ):広告なし、カスタマイズオプションつき。月/3米ドル、年/30米ドル。

プラットフォーム:デスクトップでのウェブストリーミングであれば、無料です。VIPプランの場合、Adobe AIRのデスクトップ版(Windows/Mac/Linux)とモバイル版(Android/Nokia/Palm/BlackBerry/ジェイルブレイク済iPhone)が提供されます。

ライブラリー:700万(推定)

ストリームレート:192 kbps

オフラインストレージ:有り(モバイルアプリ経由)

無料トライアル登録:過去に有り。

その他

Spotify」、「Rdio」、「Rhapsody」が、米Lifehackerでは挙げられていますが、今のところ日本では利用できません。Rdioには、iTunesとWindows Media Playerとの同期機能があり、自分の作ったプレイリストをどこでも再生可能です。


■ラジオタイプ・ストリーミング

Last.fm

利用可能地域:米国、英国、ドイツ(その他の国は無料トライアルが30曲まで)

    価格
  • 米国、英国、ドイツではストリーミング、「scrobble」も完全無料。
  • 有料メンバー登録:広告なし、カスタムプレイリストなどの特典があり、月/3ユーロ。

プラットフォーム:Windows/Mac/Linux/iOS/Android/BlackBerry

ライブラリー:650万

ストリームレート:128 kbps(MP3)

オフラインストレージ:無し

無料トライアル登録:無し

その他

Pandora」と「Slacker Radio」が挙げられていますが、日本では利用できなくなってしまいました。多くのプラットフォームに対応しているPandoraは、日本版の復活が待たれます。


■米Lifehackerの選ぶベスト

機能別ベスト

  • 利用可能地域:MOG、Grooveshark

  • トラックあたりの価格:MOG

  • マルチプラットフォーム:Spotify、Pandora

  • オフライン利用:Spotify(オフライン同期の制限を考えなければ、Rdioも良い)

  • 無料での充実ぶり:Grooveshark、Last.fm、Slacker Radio

  • カンタンさ:Pandora

有料でのベスト

Spotify

100811bsms2.jpg

米Lifehacker編集長、Adam Pash氏が言っているように、Spotifyは、オンライン・オフラインの同期に優れており、デスクトップだけでなく、クラウド上にも好きな音楽をためておけます。日本、そして米国でもまだ利用できませんが、非常に良いストリーミングサービスなので、対応されることを祈りましょう。


MOG

100811bsms3.jpg

MOGは、インターネットさえつながっていれば、誰にでも利用でき、5米ドルで、Pandoraスタイルのラジオストリーミングが楽しめます。さらに、プレイリストと同じくらい機能的な、ラジオストリームの保存、デスクトップのプレイヤーへのフィード送信も可能です。安価で広告なしの、多機能なストリーミングを楽しめ、iPhoneやAndroidでもアクセスできるので、非常にオススメです。

いかがでしたか? その他オススメ、感想などありましたら、コメント欄への記入お願いいたします。


Kevin Purdy (原文/訳:松井亮太)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.