• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  08:00 PM

コーヒーやソーダに含まれるカフェインの量には、実はバラつきがあるらしい

コーヒーやソーダに含まれるカフェインの量には、実はバラつきがあるらしい

110810caffeine_dependency.jpg
Photo by jerine.


先日、ライフハッカーでは「カフェインが、私たちにどんな作用を及ぼしているか?」について採りあげましたが、皆さん、いかがお感じになりましたか? カフェインの正体がなんとなくわかったような、さらに謎が深まったような...。そこで、こちらでは、もうひとつのカフェインの不思議について、採りあげてみたいと思います。

米誌「Seed Magazine」では、どこで買うか? どのように出されるか? 場合によっては、同じ店で同じメニューを選び続けたとしても、カフェインの量にはバラつきがあるらしい、と指摘しています。

 


たとえば、フロリダ大学医学部のある研究結果(英文)では、16オンス(約475ml)のコーヒーに含まれるカフェイン量は、58~259ミリグラムと、量に開きがあることがわかりました。さらに注目すべきこととして、同じコーヒーを、同じ店で6日間連続で注文した場合でも、カフェイン量は259~564ミリグラムと、バラつきが認められたそう。また、栄養ライターのColby Vorlandさんによると、エスプレッソは、レギュラーコーヒーよりもカフェインが少ないとされていますが、カフェイン量は、1ショットあたり58~92ミリグラムと、やはり違いはあります。

カフェインが含まれている量は、お店やメーカーによっても、もちろん異なります。たとえば、この記事の筆者が「カフェイン半分(Half caf)」のアメリカーノをスターバックスで注文してみたところ、カフェイン量は、およそ73mg。これは、ダンキンドーナツ(Dunkin' Donuts)のフルカフェインコーヒー8オンス(約235 ml)よりも、多い量だったとか。また、12オンス(約355 ml)の「Coke」(コーラ)のカフェインの量が35mgである一方、「Mountain Dew」(マウンテンデュー)は54mgと、ソーダにおいても、カフェイン量に違いがみられます。

カフェインの摂りすぎに注意している方は、それぞれの飲み物に含まれる、カフェイン量の最大値を目安にするのも一法かもしれませんね。また、カフェインとカロリーの大まかな分類としては、チャート図「Buzz Vs.The Bulge」(英文)も参考になりますよ。カフェインの性質や作用については、ライフハッカーアーカイブ記事「カフェインは結局、ヒトにどんな作用を及ぼしている? 専門書の著者に聞いてみた」も、あわせてどうぞ!


Does Coffee Work? [Seed Magazine]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.