• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  08:00 AM

SimpleStyle 第12回:4つのタグ~アルバムや曲名をAmazonからコピー&ペーストする『Amazon2MyMusic』

SimpleStyle 第12回:4つのタグ~アルバムや曲名をAmazonからコピー&ペーストする『Amazon2MyMusic』

2010_0727_1238_57www.amazon.co.jpBANG.jpg


■新譜のタイトル、それが問題だ

わーい、Amazonから新譜が届いた! ってこと。ありますよね?

どきどきしながら早速取り込んで、音楽プレイヤーに...と思っていると、いつまで経っても「アーティスト情報なし」、「アルバム情報なし」、「トラック1」、「トラック1.wma」という状態。

いったいなんの曲なんだよ~と、途方にくれるばかりです。

 


■曲名のバラツキツ

「トラック1」が、曲名になればなったで、フォークソノミーとかいいますが、音楽のタグづけは、全角・半角・アルファベット・カタカナが入り乱れて、ときには耳コピなんかもあったりして、もう、どうにも困っちゃう状況です。

赤い薔薇が白くなったり、荒野で孤独をかみしめるはずが、野原でのんびりしてしまったり、恋や夢を語りたかったのに、今夜夢を語ったり。修学旅行だったのでしょうか。

かといって、司書のような専門家が、日本ではコンピュータにおいて機能しないというのは、先日の図書館システムの通りですから、座して待っていてもだめで、結局タグづけは、なにかしらの基準を設けて、納得できるようにするしかないわけです。


■「責任とってよね!!」

歌詞カードを開いてぜんぶ打つ、というのは、いささか原始的な感じもして、まずはベースがあって、それを修正する程度ですめば、結局「てにをは」を直すとかいって、書き直すとしても、たたき台としての曲名一覧がないよりは、まだマシというものです。

資本主義の現在、しつこいですが、図書館がだめとすれば、使えるのはAmazonです。だいいち音楽CDはAmazonで買っている。曲名入力についてだって「責任とってよね」なわけです。


■書式をそろえる

問題なのは、WindowsMediaPlayerの取り込み機能が、曲名を「01 曲名」「02 曲名」と生成するのに対し、Amazon.co.jpの場合、曲の一覧は「1. 曲名」「2. 曲名」と記述することです。書式がそろっていないのです。

で、そろっていないんなら、そろえればいいじゃん。そこで『Amazon2MyMusic』を使います。

ついでに、わたしはタグの整理に「STED」を使ってますけど、「STED」形式でファイル名とトラック名(数字をなくす)を作っちゃえばいいじゃないかと思いました。

2010_0727_1631_59.jpg

あと、Amazonの曲名一覧には「視聴する」という文字列もありますが、これも自動で削除します。

2010_0727_1238_45www.amazon.co.jpBANG.jpg


■起動するだけ

使い方は簡単で、起動するだけ。あとは、Amazonの該当ページをコピーすれば、クリップボードの内部で自動編集して、変更後の新しいデータをクリップボードに入れます。つまり、起動して、Amazonの該当ページをコピー&ペーストすれば、ペーストするときには、変更後のデータになっているということです。

いちおう、変更後の結果をテキストとして表示してますので、それを利用することもできます。


■制限とか今後の展開とか

書式のカスタマイズにどこまで対応するか、ですかね~。

起動中は、Amazonからでなくても、「1. 項目名」、「2. 項目名」という文字列は、自動で変換してしまいます。なんかこれだけ見ると、MS-Wordのおせっかい機能に似てますが、このソフトの場合、起動しているときだけ動く、したがって、起動しなければ動かないので、使わないときは簡単に停止できます

WindowsXPで動作テストしています。動作には、.NET Framework2.0が必要です。


[Amazon2MyMusic]

(美崎薫)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.