• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,,,  02:00 PM

主要ブラウザ最新版のスピードテストをまたやってみた

主要ブラウザ最新版のスピードテストをまたやってみた

100701performance_splash.jpg


老舗のMicrosoft・Internet Explorer 8、AppleはSafari 5、FirefoxはクラッシュしにくくなったFirefox3.6Opera10.6は引き続きベータ版と、激しさをましながらも続いていくブラウザ競争ですが、いったいどれが一番早いのか、というのをはっきりさせるため、今一度タイマーを片手に、それぞれのブラウザの最新版をテストしてみました。

去年のスピードテスト結果はこちらをどうぞ。また、ブラウザテスト方法の詳細はこちらをご覧下さい。チャートで結果を見る場合、値が多い方が良い場合と少ない方が良い場合をはっきりと区別させるために、一番優秀だったものを緑で表示させています。
 


起動速度および起動状態からの読み込み速度:
 勝者:Opera 10.6 Beta!

100701cold__warm_starts__1_.jpg


前回のOpera 10.5 pre-alphaが起動スピード最速だったことを考えると、それほどの驚きはないであろう結果となっています。

このテストは、ハードドライブ、CPU、 Windowsアプリ管理など、変数的な要素が多いテストなのですが、まっさらの状態から起動させる場合、Operaが常に最速である、という結果が出ています。起動状態からの再読み込みの場合、ほとんどのブラウザで同じくらいのスピードですが、わずかの差でChromeが最速となっています。

タブ読み込み:
 勝者: えっ、まじで!? IE8、です。

100701nine_tab_load.jpg


えっ、まじで、と思ってしまう結果が出ました。信じがたかったのでテストを3回もやりなおしてしまったほどです。ですが、前々回のテストの時も、IE8のタブ立ち上げは、かなり多くのタブを同時に立ち上げた場合でも、早かったことを考えると、この結果は正しい、はずです。

今回のケースでは、それぞれのブラウザのホームページ、Google.com、Lifehacker、Gizmodo、Huluを新規タブで立ち上げてみています。IEは実際に最速、でした。また、何度かテストしてみて信じられない結果に終わったのがWindows上でのSafari 5。全てのタブを同時に読み込むことが出来ませんでした。Lifehacker、Gizmodo、Huluのトップナビゲーションバーを読み込んだ後、フリーズしてしまい、少なくとも1分間はマウスカーソルが回転したままでした。

少なくとも一人のユーザがこれと似たマルチタブ問題に遭遇しています。ユーザがタブを9つ一度に開く、ということが一日に何度もある、とは決して思いませんが、今の時代にこの程度の負荷で動かなくなるとは逆に驚きです。

JavaScript:
 勝者:Chrome (開発版)!

100701javascript_test_01.jpg


前回のテストではOperaがダントツだったのですが、今回のDromaeoテストではChromeの開発版に軍配が上がっています。Operaの失脚は、重箱の隅をつつくようなJavaScriptテストに対して物申しているだけなのかも知れませんが。

DOM/CSS:
 勝者:Opera 10.6 Beta!

100701dom_css_test_01.jpg


ハードウェアやテストによる変数を考慮すると、Safari、Chrome、Operaの三者はほぼ同じくらいな感じですが、Operaの最近のスピードへの探究心が少しずつ結果となってきているのではないでしょうか?

アドオンなし状態でのメモリ使用量:
 勝者:Firefox 3.6!

100701memory_use_.jpg


最近は安定した結果となっています、何もインストールされていない状態、まっさらな状態での起動の場合、メモリ倹約家はFirefoxという結果が出ています。

アドオンありの状態でのメモリ使用量:
 勝者:Firefox 3.6

100701memory_use_with_five_extensions.jpg


Firefoxのアドオンはかなり多機能で、高度なユーザスクリプトのように実行されるChromeよりもメモリを酷使しそうな印象ですが、標準的なアドオンを数個インストールしただけの状態であればChromeよりもメモリ使用量が少ない、という結果が出ています。今回使ったアドオンは前回と同じで、AdBlock Plus、Xmarks、LastPass、CoolIris、Gmail Checkerとなっています。それぞれのブラウザのアドオンあり、なしの状態での比較チャートは下記の通り。ホームページを一つ開いた状態、タブを9つ開いた状態で比較しています。:


100701memory_use_-_with_and_without_extensions.jpg

総合判定:

結果はご覧の通り、それぞれのブラウザにはそれぞれの長所がある、ということが分かるかと思います。5つ全てのブラウザの起動時間、9つのタブの読み込み、JavaScript、DOM/CSS、メモリ使用量の調査結果を元にランク付けを行い、かなり近い結果の場合、「引き分け」としています。IEでのJavaScriptおよびCSS、Safariでの9つのタブの読み込みは0としています。

それでは今回の総合判定結果の発表です。:

  • Chrome (安定版): 22
  • Chrome (開発版): 20
  • Firefox: 18
  • Opera: 20
  • Safari: 14
  • Internet Explorer: 9


見事勝利に輝いたのはChrome (安定版)でした!

ChromeはJavaScriptではかなり他をリードしています、が、全体的なスクリプティングスピードではOperaもかなり健闘しています。またIEも往時の汚名を返上するかのように追い上げを見せています。

Safari 5をWindowsで使うと...ゲフンゲフン、な結果になっているのはApple側からの意思表示なのでしょうか? というかWindowsでSafariを使ってる人ってそんなにいるのでしょうか? Google Chromeの開発版が先駆者となっているケースが多いです。

同期やビルトイン機能などがフォーカスされているためにStableが同じくらい早く感じるのか、コードの奥深くのところで何かが行われているのか、というのは定かではないですが。

今回の結果をご覧になってどう思われましたでしょうか?

おれのパソコンだと断然、こっちが早い、などのご意見ご感想ありましたら、コメントで教えて下さい。

Kevin Purdy (原文/まいるす・ゑびす)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.