• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  06:00 PM

Facebookがユーザアカウント削除に関する新機能を一部ユーザでテスト中

Facebookがユーザアカウント削除に関する新機能を一部ユーザでテスト中

100728facebook_real_delete.jpg


世界中に5億人以上のユーザ数を誇る、世界最大級のソーシャルネットワークサービス「Facebook」。プライバシーやセキュリティの観点から、話題にのぼることもしばしばですね。そんなFacebookが、新しいユーザアカウントの削除機能について、一部のユーザを対象に実装テストを行っているそうです。

現在Facebookでは、「設定」画面の「アカウントの利用停止」の項目で「利用停止」をクリックすると、アカウント停止できます。こうすると、ユーザのプロフィールをはじめとする情報は、他のFacebookユーザーからアクセスできなくなるのですが、実は、この状態では、プロフィール情報はFacebookに残ったまま

「利用を再開したくなったら、元のアカウントに戻すことができる」という点では、たしかにこの方法も一理あるのですが、完全にアカウントを削除したい場合は、アカウント削除ためのリクエストを送信しなければならず、リクエスト後、14日間ログインしなければ、ようやく実際にアカウントが削除される、という仕組みになっています。つまり、アカウント削除には、申請から14日間もかかってしまうというわけです。

 


そこで、Facebookは、ユーザアカウントの永久削除に関する新機能を開発し、一部のユーザに試用させているそうです。冒頭画像のように、現在の「利用停止」画面に「Delete Information」を追加し、「Permanently delete my account information including anything you have shared.(アカウント情報を永久に削除する)」にチェックボックスをつけさせるというもの。14日間の待機期間を設けず、即時に削除することを、想定しているそうです。

たしかにソーシャルネットワーク側に、このような削除機能を備えてもらうことも必要ですが、まずは、個人情報やプライベートな写真・動画などを、不用意に流出させないという、ユーザ側の自衛意識が基本。Facebookの利用におけるプライバシー保護については、ライフハッカーアーカイブ記事「個人情報を公開しすぎないようにFacebookのプライバシー設定で気をつけること」や「Facebook をミニマリスト化して、プライバシー対策を万全にする方法」などを参考に、まずは、情報発信時に気をつけるべきポイントを、心得ておきましょう。


[The Next Web via Boy Genius Report]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.