• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  12:00 PM

どこにも出かけなくたって夏休みを家で楽しめる5つのアイデア

どこにも出かけなくたって夏休みを家で楽しめる5つのアイデア

100726_staycay.jpg
Photo by Gerry Thomasen.


夏休みにどこかに行こうと思っても、お金がない、時間がない、相手もいない...そんな寂しい人もいるかもしれません。別にどこかに出かけたからと言って、充実した夏休みを過ごせるとは限りません。お金は掛かるし、人は多いし、トラブルに巻き込まれることだってあります。

なんだか負け惜しみのようになってきましたが、本当にアウトドアよりもインドアが好きな人もいますよね。今回は、夏休みを家で楽しむ5つのアイデアを、ご紹介しましょう。

1. 6:4の法則を取り入れる

普段忙しい人は、夏休みに出かけるよりも、家でのんびりと休みたいということもあるでしょう。とは言え、夏休みの間中。ずっと家でダラダラ過ごすと、もったいないことをしたような気がして、後で落ち込むこともあります。

ですから、休みの間は最初から「家 60%:家周辺 40%」と決めて過ごしてみましょう。自宅周辺でも、行ったことのない場所はあるはずです。前から気になっていたけど、行く機会のなかったお店でご飯を食べてみるとか、いつもは通らない道を通ってみるだけでも、新しい発見があると思いますよ。

 


2. 家に関するやる事リストは見ない

せっかく時間があるのだからと、家に関するやる事リストを持ち出して、あれもこれもと、家で働くのはやめましょう。溜まっていた家事や雑事をこなせば、終わった後に充実感はあるかもしれませんが、逆に疲れてしまうこともあります。大量に時間があっても何もしないというのが、本当に「休む」ということではないでしょうか。

3. アンプラグドな日を作ってみる

電気をまったく使わないというのは、かなり難しい思いますが、テレビ、パソコン、ゲーム機器など、普段時間を費やしている家電や、デジタル機器の電源を、1〜2日の間だけでも完全OFFにしてみましょう。

最初は時間を持て余すかもしれませんし、思わず電源を入れたくなるかもしれませんが、それらを使わない時間の過ごし方を考えているうちに、新しい楽しみが見つかります。料理を作ったり、本を読んだり、庭いじりをしてみたり、たまにはそんなアナログな休日も、リフレッシュになりますよ。

4. 身の回りの小さな自然を楽しむ

シャワーもトイレもないような、大自然の中で何日間もキャンプをしたりするのが、夏休みの楽しみだという人も、いるかもしれません。確かに自然の中で過ごすのは、エアコンの効いた室内にいるよりも、心身共にリフレッシュできます。

大規模な自然でなくても、近くの公園やベランダの外にある街路樹だって、自然であることに代わりはありません。窓を開け放して、もしくはベランダで夕涼みしながら、風にあたってキンキンに冷えたビールを飲むと、意外と小さな自然を実感できたりします。

5. 休み明けのストレスを前もって減らしておく

夏休みや、長期休暇が終わって会社に行くと、その間の仕事やメールが、嫌になるほど溜まっていて、それだけでせっかくリフレッシュした気分が、一気に萎えてしまいます。そんなストレスを解消するために、休みの間にメールをチェックして、不要なメールだけを削除しておきましょう。

ここで大事なポイントは、絶対に仕事をしないということです。仕事をするためにメールをチェックするのではなく、あくまでも休み明けの無駄な時間と、ストレスを減らすためにするのです。

今年の夏休みはどこにも行かないという人は、家でどうやって過ごすのか、よかったらコメントで教えてくださいね。


Enjoying a Vacation at Home [Apartment Therapy]

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.