• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,  08:00 PM

Firefoxとウェブの未来はこれからどうなる? 米GizmodoがMozilla役員に独占インタビュー

Firefoxとウェブの未来はこれからどうなる? 米GizmodoがMozilla役員に独占インタビュー

100709mozilla_interview.jpg


『Firefox 1.0』が、ブラウザ界の巨人『Internet Explorer』に挑んだのは、かれこれ6年前。IEは、いまだ主要ブラウザのひとつですが、Appleの『Safari』、Googleの『Google Chrome』、『Opera』などの競合も次々と進化し、いまや、ブラウザ業界は群雄割拠の時代になりました

では、そんな「ブラウザ戦国時代」のきっかけとなった、Firefoxは、これからどこに向かい、ウェブの世界はどう変わっていくのでしょう?

米Gizmodoでは、MozillaのDirector of Developer RelationsであるChristopher Blizzardさんにインタビュー。こちらでは、その様子をお届けしましょう。

 


米Gizmodo(以下Giz): iPhoneアプリ『Firefox Home』がそろそろリリースだそうですね。

Christopher: 『Firefox Home』は単なるブラウザではなく、ユーザはどんな人で、どこに行き、何を知っているのかといったように、モバイル端末で何でもカンタンにできることを目指しています。ちょっと気味が悪いかもしれませんね。また、これらをモバイルとデスクトップとでクロスさせます。Firefoxの同期技術「Firefox Sync」を活用し、複数のOSで、自宅のPCとモバイル端末を結ぶことができるのは、画期的なことです。

Giz: デスクトップ側では、Javascript速度の競い合いが大きなテーマになっています。Firefoxは、この点でどのように競っていきますか? また、Firefoxが先駆けだった拡張機能は、いまやChromeやSafariにもあります。Firefoxの次の一手は何でしょう? 成長率を見てみると、Googleの強力なプッシュもあり、Chromeは他の競合ブラウザに比べて速いペースで成長しています。

Christopher: そうですね、いろんな課題があります。Javascriptについては、まだ競争は終わっていません。Chromeでは、ジャストインタイムコンパイル方式が採用されています。コードをダウンロードすると、コンパイルされ、ネイティブコードで動作する仕組みで、こうすれば、スピードも速く、一貫性も担保できます。

一方、Firefoxでは、『3.5』以来、これをトレーシング(Tracing)と呼んでおり、アプローチが異なります。『Firefox 4』では、ジャストインタイムコンパイル方式「JaegerMonkey」を導入する予定です。Chromeと似たパフォーマンスになるでしょう。とはいえ、トレーシングもやるつもりです。特に、CPUインセンティブな動作をしようとするとき、多くのアプリケーションにとって、ユーザをいじめることになるからです。フェアではありません。

『Firefox 4』でやろうとしているのは、次世代のJavascriptエンジンを搭載することです。Mozillaの大きなミッションは「ウェブ上でアプリケーションを動作させること」ですから、ここは注視すべき大事なポイントだと思います。

Googleが「Native Client」を一押ししていますが、これは、ウェブのパフォーマンスを構築するための、ひとつの方法です。そしてMozillaは、トレーシングによって、パフォーマンスのベネフィットをもたらすことができると見ています。「Native Client」よりも、速くできることがわかっています。したがって、この方針は数年は続くでしょう。

Giz: マイクロソフトのIE、アップルのSafari、GoogleのChromeといった具合に、自社のブラウザを大々的にプッシュする三大プレイヤーがいる一方で、この点でいうと、Mozillaは独立しているというのが面白いですね。

Christopher: ブラウザを開発しているのは、Moziilaだけです。広告を売っているわけではありませんし、OSを開発しているわけでもない。ハードウェアも売っていません。ただブラウザを作っているだけです。

Giz: 以前の「Mozilla vs. マイクロソフト」という対立構造のときと異なり、ユーザは、Googleのブラウザを使うことに、それほど悪い印象はもっていないようです。このような状況で、Mozillaはどうしていく方針ですか? どうやって競争に勝っていくのでしょう?

Christopher: 社内でもこのテーマを何度も問いかけ、結局、いつも「Mozillaはユーザ視点に立とう」という点に立ち戻っています。これは、最も重要なことです。また、ウェブは民主的なものです。ゆえに、ユーザが気に入るものを我々が作り続ける限り、ユーザは使い続けてくれるでしょう。保有する技術をもとに、改善と投資をし続ければ、大丈夫です。

また、Moziilaは、資金面では潤沢なリソースがあるとはいえませんが、チームの一貫性という面では優れていると思います。多くの資産もあります。強いブランド力もあります。もちろん、Chromeから学ぶべきことはたくさんありますが、それでも、Chromeの2倍のユーザを増やしています。やるべきことに集中していれば、大丈夫だと思っています。自身に投資しつづけ、ユーザに愛されるものを作り続けていくつもりです。

Giz: 無駄を削ることと、機能を追加することのバランスは、どうやってとっていきますか? たとえば、同期は大きな機能ですね。まとまりのあるブラウジングにとって、非常に意義あるものだと思います。

Christopher: このテーマには、多くの時間を充てています。あまり知られていませんが、拡張機能はもともと、無駄のないエクスペリエンスを実現するために作られました。コアな機能としてはいらなくても、拡張機能としては必要だ、ということです。

ご存知のとおり、Chromeにも拡張機能がありますし、Safariも近々拡張機能ができるようですが、Firefoxの拡張機能と同じものではないと思います。違いは、API制限でしょう。Firefoxのユーザインターフェイスは同じ言語で書かれており、ユーザはこれを修正したり、変更したりできます。完全にフレキシブルなプラットフォームです。なので、安定性には役立ちませんが、クリエイティブなユーザがやりたいことを実現できます。他のブラウザはこうはいきません。創造性を発揮できること、変更できること、そしてユーザが本当に求めていることを発見できること。これらがMozillaを成長させてくれています。

Mozillaでは、これをモバイルにも導入しようとしています。単なるブラウザから、アイデンティティや同期へと発展させていくつもりです。

Giz: Operaは、現在SafariやChromeも使っているスピードダイアルなど、多くの機能を開拓してきました。彼らの追い上げが気になりませんか? 「なかなかよく動くなあ。これを使おう」というユーザもいます。スマートフォンにも、徐々に存在感を見せていますが。

Christopher: Operaはビミョウなポジションにいますね。何をしようとしているのかはわかりません。モバイル製品は素晴らしいと思います。とくに、サーバ側圧縮機能対応はいいですね。

Giz: 『Skyfire』もサーバ側圧縮機能対応ですが。

Christopher: ユーザがMozillaを選ぶ理由は互換性です。聞いた話ですが、たとえば、インドにはFirefoxでは動かないウェブサイトがまだ多くあるようですが、他のブラウザに比べればまだましだそうです。Firefoxの互換性はまだ素晴らしいものですが、WebKitベースのブラウザはそうでもありません。

Firefoxが、Operaと同じようなポジションになるとは思いません。アーキテクチャーが違いますし、コミュニティも違うからです。市場シェアもFirefoxのほうが多いですし、Operaに取って代われるという心配はしていません。また、Operaとは組織もまったく違います。Operaは公開会社だし、組織も750人ほどと大きいですよね。また、彼らにとって、デスクトップブラウザはモバイルプラットフォームのためのテスト版です。なので、同じポジションになってしまうとは思っていません。

Giz: スマートフォンに期待していますか? Androidはいいでしょうか?

Christopher: Firefoxは、フルブラウジングを提供したいと思っています。なので、基本的には、よさそうなスマートフォンと組むことになるでしょう。必要な方法で必要なところへ開発していくためには、オープンなプラットフォームであることは必須です。iPhoneは、この点で向いていません。Androidになるでしょうね。Windows Mobileによいブラウザが必要だと考え、Windows Mobileに取り組みましたが、プラットフォームが閉鎖されてしまいました。おそらくマイクロソフトは、IEのWindows Mobile対応バージョンをリリースするでしょう。出来はあまりよさそうではありませんが。

Giz: IE7をベースにした、変異バージョンのようですね。

Christopher: モバイルウェブにおいて素晴らしいのは、ユーザが最新のブラウザプラットフォームを使えるということです。

Giz: ウェブアプリは将来どこへ向かうと思いますか? 現時点では、Googleはウェブアプリにおいて大きくなっています。Androidは彼らにとってある意味、一時的なものなのかもしれません。Googleはウェブアプリに進んでいくと感じますか?

Christopher: 私は少し別の観点で考えています。つまり、いろんな課題があります。収益化、アジリティ、エンジンなど。興味深いのは、ブラウザが、単にデータを閲覧するとか、これを便利にするというのではなく「便利なアプリケーションを開発できるか?」という視点に立っていることです。

Chrome Web Store」にとって、この点は大きなアピールポイントだと思います。もちろん収益化という面もありますが、基本的に、コンテンツにたどり着きやすく、見つけやすいようにしようとしているのでしょう。だからこそ、彼らは、そのために多くのことに取り組んでいます。

私はMozilllaは、これよりもさらに大きな絵を描くことが必要ではないか、と考えています。デスクトップとモバイルとをクロスするアプリを作るためには、実際のアプリケーション開発では、ウェブを使って、別の方法に変える必要があるでしょう。あるものは標準に、あるものは実験、あるものはサービスといった具合に、これを実現するため、Mozillaはユニークなポジションをとっています。また、収益化の方法についても考えるべきときでしょうし、「素晴らしいアプリケーションを開発した第三者にどう収益化させるか」ということも、考え時だと思っています。

Giz: VP8についてどう考えますか? HTML5動画の問題は、すぐ解決すると思いますか?

Christopher: ここには、たくさんの問題があります。VP8は非常によいものです。基本的に多くのことは書かれておらず「コードを見て。これが動き方だよ」という風に示されています。つまり、これは単なるスペックなのです。これに対応する動きは進むと思います。なので、YouTubeで使えるようになるという点で、VP8は興味深いです。エンコーディングの観点から面白いのは、VP8が動画を見る上で便利なだけでなく、動画をエンコードする際にも使うことができるという点です。リアルタイムチャットにも活用できるようになるでしょう。このような目的で、ロイヤルティフリーで使えるようになるのです。「H.264」も悪くはなさそうですが、よくもありません。エンコードするのにCPUインテンシブですし、複雑すぎます。

H.264」はエンコーディングや デコーディングに多くのCPUを使います。使うプロファイルにもよりますが、H.264の動画をデコードしたら、極めてCPUインセンティブになります。画像カードは、デコーディングをサポートしはじめますが、中にはデコーディングがうまくいかないものもあります。また、ビデオコーデックには向いていません。実際にビデオコーデックした人によると、いろんな角度からデータについての知識が必要ですし、エンコードやデコードには大きなスペースが必要だそうです。

「H.264」には、ベースラインプロファイル、メインプロファイル、拡張プロファイルの3種類のプロファイルがあります。興味深いのは、基本的にどの人もベースラインプロファイルに設定していることです。これはiPodが原因でしょう。iPodはベースラインだけデコードします。デコードのレベルを高くすると、エンコードもデコードも、極めてインテンシブなプロセスになるので、多くのCPUが必要です。

その点、VP8は常に同じプロファイルです。エンコードやデコードの計算が、比較的安価にできるので、基本的にリアルタイムで処理することができます。まだ革新の余地はたくさんありますし、新しいマーケットに新しいものを投入する余地もあります。つまり、ウェブだけにとどまらず、他のマーケットにもつながることなのです。とはいえ、ウェブでは、HTML5ブラウザへの対応はここ数年では、それほど十分には進まないでしょう。我慢比べになりそうです。

※注 Christopher氏のアップルにおけるHTML5マーケティングに関する考え方については、こちらのページ(英文)も参照のこと。

Firefoxと他のブラウザの違い、目指す方向性、ウェブを超えたさらなる可能性まで、Christopher氏にたっぷりと語ってもらいました。このほか、Mozilla役員のナマ声としては、1年ほど前に米Lifehackerが、Beltzner氏にインタビューしています。Mozillaにご興味のある方は、ぜひ、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。


matt buchanan(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.