• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  08:00 AM

溺れている人のSOSサインを見逃さない5つのポイント

溺れている人のSOSサインを見逃さない5つのポイント

100705realsign_drowning.jpgPhoto by Kevin Dooley.


これから水レジャーの季節。暑い太陽のもとで冷たい水に入るのは、実に気持ちいいものですが、同時に気をつけなければならないのが、水の事故ですね。まずは、このような事故に遭わないよう、各自がきちんと自制することが必要ですが、万一、溺れている人と遭遇したとき、彼(彼女)からのSOSサインに、できるだけ早く気がつけば、命を助けられます。こちらでは、このテーマについて採り上げてみたいと思います。

溺れている人の姿をちょっと想像してみてください。

「助けてくれ~!」と絶叫する、もしくは、片腕を大きく振るといったしぐさを思い浮かべた方は、ドラマや映画の影響を受けすぎ。また、溺れている人の周りには、必ず助けてくれる誰かがいるものだと思いがちですが、実際は、それほどドラマチックに偶然が重なるものではありません。25ヤード(約22.9m)範囲内に助けられる人がいる確率は、たったの10%程度だそうです。

 


では、溺れている人は、実際、どのような動作をしているのでしょう?

米「アメリカ沿岸警備隊(U.S. Coast Guard)」の雑誌『On Scene(2006年秋)』では、溺れたときのとっさの反応として、以下の5点を挙げています

  1. 一部の例外を除き、溺れているとき、声に出して助けを求めることはできない。呼吸システムは呼吸するためにできており、話すというのは、その次の機能だからだ。声を出そうする前に、呼吸でいっぱいいっぱいになっているはず。
  2. 溺れているとき、口は水中に沈んだり、水面に上がったりを繰り返す。一定時間、水面に口を上げておくことはできない。水面に上がったときは、呼吸に充てるはず。
  3. 溺れているとき、手を振って助けを求めることはできない。とっさの反応として、体を浮き上がらせるために、腕を横に伸ばし、水面を押し下げる動作をするはず。
  4. 溺れているとき、腕の動きを自発的にコントロールすることはできない。よって、助けてくれる人のほうに近づいたり、手を振って助けを合図することはできない。
  5. 溺れているとき、ヒトの体は水中で垂直になっているため、足で蹴れない場合もある。水面でもがいていられるのは、20秒~60秒程度

溺れている人を見つけたら、どうすべきなのでしょうか?

「いの一番に飛び込んで助ける」はNG。訓練を受けている人でないかぎり、むしろ第二の犠牲者になってしまう可能性大です。プロのライフセーバーにできるだけ早く知らせましょう

まずは、水のレジャーに向かう前に、このような事故に遭わないための心がけと、備えをしておくことが不可欠ですね。日本赤十字社さんの記事「水の事故(遊泳時の注意)」や、ウェブサイト「海水浴場や川で水の事故を防ぐ徹底ガイド」を念のため確認しておきましょう。

.
On Scene (Fall 2006) @ Google Docs [USCG On Scene via gCaptain]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.