• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  10:00 AM

暑い夏を前に、あえて熱について考えてみる

暑い夏を前に、あえて熱について考えてみる

100702_sun_jar.jpgPhoto via SUCK.UK.


梅雨が明けたら暑い夏がやってきますね。そんなときに、あえて「熱について考えてみた」という記事が、米lifehackerにありました。小学校高学年から中学レベルの考察なので、さっと読めますよ。


■熱力学の視点から

熱を理解するということは、エネルギーについて考えることです。熱力学によれば、エネルギーというものは造り出すことも、破壊することもできません。エネルギーは移動を続けているのです。たいていの場合は、エネルギーが熱になり、熱が何か他のものに変化しています。たとえば、熱が光になったり、力学作用から熱が生まれたりしますよね。

100702_2nd_law_of_thermodynamics.jpg

熱力学には、もう一つ法則があります。それは「熱は高い温度から低い温度へ移動する」というものです。小学校の記憶がよみがえってきましたか? たとえば、温めたスプーンと冷たくしたスプーンを重ねた場合、冷たさは移動しませんが、熱は移動するので、冷たかった方のスプーンが温まります。誰かをあたためてあげたいときに、ハグするのも、理にかなっているというわけです。そして、両者の温度が同じになったときに、熱の移動は止まります。

 


■ということで、暑いときにはどうするか

暑さ対策は太陽の光との戦いです。でも、上の法則から考えると、太陽と私たちの熱が同じになったときに、熱の移動が止まるわけですから、勝てるわけのない戦いですよね。じゃあどうするかというと、まともに戦うのではなく、熱をブロックすればいいのです。つまり、室内に入るということです。

100702_ed_house.jpgPhoto via Alysse.org

しかし、家の中にいるからといって、完全に熱から逃げられるわけではありません。熱は常に、温度の低いところを探して移動します。家の中も例外ではないのです。クーラーを入れるというのが、一番簡単な解決法ではありますが、米lifehackerの読者のThomas Templeさんは、こんな方法を提案しています。

  • 西向き、南向きの窓を遮光する。カーテンを閉めて、電気をつけざるをえなくなっても、暑さ対策にはなります。
  • 夜の間に換気をして、昼間はなるべく外気を入れない。

暑さ対策のできていない家でも、この二つの方法で、かなり家の中が涼しくなります。逆に、温度環境を十分考慮して建てられた家の場合、エアコンはほとんど必要なくなることでしょう。実際、北アフリカにある古代様式の家は、暑い時期の昼間でも、中はひんやりしています。ただし、これは湿度の低い気候であることが条件なので、日本ではあまり期待できないかもしれません。

光を遮断するだけでなく、家の中で、どこから熱が発生しているかを知っておいた方がいいです。電気を消したり、使っていない機器の電源を切ったり、オーブンや乾燥機を使わない、食洗機では冷たい水を使うなどして、熱の発生源をブロックしましょう。


■熱膨張

物質を温めると、その粒子の活動が活発になります。粒子と粒子の間の距離が開くことによって、膨張が起こります(熱によって収縮するものもまれにあります)。熱気球がいい例ですね。元記事を書いたAdam氏は、あんたバカァな動画を貼り付けています...。

熱膨張はうまく利用できる

100702_jars.jpg
私たちは実は、熱膨張をうまく利用しています。ビンのふたが開かないとき、お湯にしばらく浸して開けたりしませんか? 水銀の体温計も、熱膨張の原理でできています。体温計の中の水銀はガラスに包まれていますが、ガラスは熱膨張の影響をほとんど受けないので、容器として使われています。耐熱ガラスも、同じですね。家の中にあるさまざまな物質が、熱によって、どんな影響を受けるかを知っておくのもいいかもしれません。


■光と熱の吸収

黒っぽい服装をしていると暑い、というのはよく聞きますよね。それは、白っぽい色が光を反射するのに対し、濃い色は光を吸収しやすいからです。

100702_lightabsorption.jpg

じゃあ、白い服を着ればいいと思いがちですが、どうやらそう簡単なことではないようです。なぜなら、白い服を来ているあなたの身体も熱を放出しているので、白い服を着ていると、中から生まれた熱を内側からブロックしてしまうのです。つまり、熱が服の外に出ていかないことになります。なので、薄手でゆったりしたデザインの黒いシャツを着れば、風が吹いたときに、身体の中から出た熱を外に出しやすくなります。これも、いい風が時折吹いてくる、乾燥した気候であることが条件になりますが...。

暑い夏に、クーラーの力を借りずに乗り切るのは不可能かもしれませんが、熱の特性を頭の片隅に置いて、ちょっとだけエコな夏を過ごしてみませんか?


Adam Dachis(原文/訳:山内純子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.