• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,,,,,  12:00 PM

「自分は嫌われている」という前提で行動すると嫌われない

「自分は嫌われている」という前提で行動すると嫌われない

20100629minus.JPG


こんにちは。

先週、『プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座』を上梓した、ココロ社です。

ちなみに、iPadやiPhoneをお持ちの方は、全体の3割程度が読める、お試し版の体をなしていないお試し版も用意しておりますので、どうぞ...などと、新刊のお知らせだけだとアレなので、「嫌われている」という前提で、どう行動するとどういういいことがあるかについて、説明させていただきます。


■好かれている前提で行動すると嫌われる

好かれているという前提で行動するとすると、たとえば、超つまらない話、たとえば自分が昨日見た夢の話などを、相手の表情を伺うことなく話すことになって、「話のつまらない人」と思われてしまいます。逆に「この話はつまらないかもしれないな」という意識が、頭の片隅にでもあると、ましな話ができるかもしれません。

 


■「自分は嫌われている」という前提で行動すると嫌われない

嫌われているという危機感をもって、好かれるように行動するためには、下記の行動が効果的かと思います。

1. 遠まわしな批判に敏感になる
「嫌われている」という前提で人の評価を聞くと、たとえば、「歯に衣着せない物言い」というのは、実は空気が読めていないことを非難しているのかもしれず、もうちょっと発言をマイルドにしないと、まわりから人がいなくなるかもしれません。

2. 自分からアクションを起こさず、相手のアクションを待つ
「好かれている」と思うと、あまり好かれていない相手にも、図々しく話しかけて嫌われてしまいますが、「嫌われている」という前提で、相手のアクションを待っていれば、少なくとも「うざい」とは思われません。

3. 適当な愚痴聞き相手になって、適当に相槌を打っておく
自分の話が面白いと思っていたら、多くの場合はすべってしまいます。なぜなら、平均的な人間の話は面白くないからです。面白い話を無理にしようとして好感度を下げるより、人の(あまり面白くないかもしれない)話を聞く側にまわっておけば、少なくとも「何でも話をきいてくれる人」にはなれます。特に愚痴について、いやな顔をせずに相槌を打てる人材は、重宝されます。


■ポジティブ思考は現実逃避の温床になりやすい

ここからはプラス思考、というかポジティブ思考全体の話をさせていただきます。「ポジティブな言葉を言うと、いいことがある」的な話がよくされますが、それが必ずしも本当といえないことは、明らかです。周囲を見渡しても、ポジティブ発言の回数と年収に相関があるようには見えず、まだ、学歴と年収の間の相関関係の方が、本当っぽく見えますよね。

なぜ、ポジティブ思考なのに幸せになれない人がいるかというと、ポジティブ思考が現実逃避の温床になっていて、その結果、さらなる不幸を招いているからです。上の話でいうと、自分が嫌われているかもしれないという現実から逃れてしまうと、不幸になってしまうということです。


■ポジティブ思考は、現実から目を背ける方便になりやすい

仕事でも同じです。たとえば、絶対にうまくいかないことが、リリース前に誰の目にも明らかになっている企画があるとしても、批判的な態度はたしなめられがちですよね。「そんなネガティブな発言は士気を損なう!」とかなんとか。「物事をポジティブにとらえる」とは、しばしば、現実から目を背けることにつながります。そして、現実というものは往々にして厳しいものなので、「ポジティブに考えることがよいことだ」と思い始めたとたん、都合の悪い現実を見ないことが、正当化されていくのです。

...もちろんそこで、現実に目をそむけながら生きる、という手もなくはないですが、ちょっとそれがしんどい、と感じられた方には、この「マイナス思考法講座」をおススメします。


■ドンヨリする目次ですが、ドンヨリしながらも人生に活路を見出すつくりになっています

なお、目次はこんな感じです。

第1講:あなたはくだらない存在です/第2講:あなたは嫌われています/第3講:誰もあなたの話を聞いていません/第4講:あなたの話は面白くありません/第5講:あなたは恨まれ、攻撃されます/第6講:あなたは空気が読めません/第7講:人はわかりあうことができません/第8講:あなたは成長できません/第9講:弱音を吐くことは許されていません/第10講:人はみな悪人です/第11講:恋愛はすべて「脈なし」です/第12講:あなたは何をやっても失敗します/第13講:本当のあなたを知る人はいません/第14講:あなたの夢は叶いません

たちの悪い自己啓発セミナーの冒頭を思わせますが、最後で肩を組み合って号泣し、翌日から、セミナーに行く前と変わらない普通の日常が始まる、的な作りではもちろんなく、日常生活で実行できる話をしているので、手にとってみていただければありがたいです。


ココロ社

 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.