• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  02:00 PM

クラウドリーディング:vol.29『続けたいことが続くツイッター100倍活用術』

クラウドリーディング:vol.29『続けたいことが続くツイッター100倍活用術』

100624twi100.jpg


行動科学マネジメント」で本連載クラウドリーディングでも人気の石田淳さん。そして「今話題の!」という形容詞が必要ないほどに定着してきたTwitterとの協力タッグです。

日記、英会話、ジョギング、早起きなどが続かない...。逆に、飲酒、喫煙などの悪い習慣などがやめられない...。

という、悩みをお持ちの方も多いと思いますが、その悩みの解決を大きく手助けしてくれるのがTwitter。Twitterならライフハッカーを読んでるみんななら、アカウントを持ってる人ももちろん多いと思いますし、使い方にもかなり習熟してる方が多いんじゃないかなあ。

ということで、期待大ですよ。でも、先に言っておきますが「Twitterをやめたい...」という悩みには効果がありませんからね。Twitterは必須ですから。

続きます。
 


さて、冒頭でも出てきた「行動科学マネジメント」ですが、おさらいすると根性とか精神じゃなくて人間の行動に焦点をあてるマネジメントの手法です。

鍵となるのは

1:「宣言すること」
2:「記録に残すこと」
3:「サポーターをつくること」
4:「行動契約書を作ること」

これを見ると、4番の行動契約書はともかく、他の項目はTwitterにぴったりですよね。

1の「宣言すること」で言えば、例えば

「今からクラウドリーディングの原稿を2時間以内に書き終える!」

と、Twitterに書いてしまえば、さすがにそこから2時間は原稿に関係が無いような書き込みをTwitterには書きづらいでしょう。そして2時間後くらいには

原稿終了ナウ!ふぅ

と、書き込まざるをえないような感じがしますよね。

2の「記録を残す」もTwitterにはぴったりで、当たり前ですが書き込みの記録は常に残ります。しかも、Twilogハッシュタグなど後から振り返るためのツールもTwitterにはサードパーティーのツールも含め豊富に用意されてます。

3の「サポーターをつくること」も、Twitterにはうってつけですね。Twitterの特徴であるほどよいゆるさが、サポートされる方も応援される方も継続をうながしてくれそうです。

4の「行動契約書」は、期限、報酬、ペナルティ、サポーターなどを記入宣言し、自分との約束をするものですが、さすがにこれはTwitterでは難しい。と、思ったら! なんとTwitterと連動した便利ツールがあるんですね-。

それが、本書の著者人が企画・監修した「Sapota.jp(サポタ)」です。


本書では、「続けること・やめること」のためにTwitterを活用する、さまざまな外部ツールも豊富に紹介されています。個人的には、Twitterと連動した読書記録ツールの紹介部分が興味深かった。この、外部ツールの活用法の部分だけでも、ただ面白いだけようなTwiterの活用法とは一線を画していて実用的でしたね。

タイトルの「100倍活用術」は、最初大げさかと思ったけど実際に読んでみたら、この本を読んでTwitterを目的を持って有効に使うのと、漫然とただ使ってるのと比較したら確かに100倍かどうかは分からないけど、かなり違うだろうなと思った。

毎日毎日の積み重ねですからね。ダジャレやシモネタもいいですが、それらのデータベースを作ろうとかいう目的が無い場合は、そういうのはほどほどに控えて、Twiiterをなにか目標達成のために上手く使いたいものです。


(聖幸)
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.