• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  10:00 AM

米LHが選ぶ、Macにもぜひ欲しいWinアプリトップ10

米LHが選ぶ、Macにもぜひ欲しいWinアプリトップ10

100621winapps-to-mac1.jpg

独自のデザイン性や操作の普遍性など、Macには多くの魅力がありますね。しかし、どんなものでも、完璧とはいかないもの。Windowsにしか対応していないアプリに、「あー、これ、Macでも使えるといいのにな~」と思ったことはありませんか? こちらでは、米Lifehackerが選んだ、Macにもぜひ対応してほしいWindowsアプリケーションTop10をご紹介しましょう。

10. Office Viewers

100621winapps-to-mac2.jpgのサムネール画像マイクロソフトでは、Mac用のOffice製品もリリースしているが、やはりWindows版のほうがずいぶん優れている。iWorkやTextEdit、その他のフリーウェアを使っても、Officeユーザからのフォーマットされたドキュメントを、キレイに開くことは難しい。OpenOffice.orgを使うという手は残されているものの、ドキュメントを閲覧するのに、数分かかるのがネック。Officeドキュメントと互換性のあるアプリで、閲覧・印刷程度のカンタンな操作を、さっとできると便利。Office用ウェブアプリを改変し、Mac用のデスクトップツールができると素晴らしい。

 


9. TeraCopy

100621winapps-to-mac3.jpgMacでは、ロケーション間のファイルコピーのための動作は、Windowsよりもおおむねベター。失敗したり、こけたりすることもあまりない。ただし『TeraCopy』は、ターミナルに詳しくないユーザにも優しく、ファイル転送する上で便利な機能が付加されていて、魅力的。

8. Fences

100621winapps-to-mac4.jpgMacには、複数のデスクトップを管理する、独自のSpacesシステムがあり、各Spaceにアプリケーションを割り当てることができる。Windowsにも、同様の機能を持つフリーウェアがあるが、中でも『Fences』には優位性あり。デスクトップ上にとっちらかったアイコンを、ひとまとめに整理できる。詳しくは、ライフハッカーアーカイブ記事「アイコンをズバッと整理してくれるアプリ『Fences』」も、参照のこと。

7位. Rainmeter

100621winapps-to-mac5.jpgMacには『GeekTool』という、デスクトップカスタマイズツールがあるが、熱心なコミュニティサイトがあり、また、ビギナーでも使いやすいという点で、Windowsアプリ『Rainmeter』も捨てがたい。またWindows 7は、Macに比べてフレキシビリティが向上し、色や影などをコントロールすることができる。

6. CCleaner

100621winapps-to-mac6.jpgベテランのMacユーザなら、Libraryフォルダは何のためにあるのか、プレファレンスはどこに保存されているのかなど、何がどうなっているかわかっているだろうが、新米ユーザやWindowsなどからの乗り換えユーザは、そうもいかない。キャッシュやテンポラリファイル、ジャンクcookiesなどを、きれいに削除してくれるWin用アプリ『CCleaner』のようなものが、Macにもあると便利。

5. Ninite

100621winapps-to-mac7.jpg無料Windowsアプリを豊富にそろえ、ダウンロードしたいものをチェックするだけで、これらを一気にインストールできる『Ninite』は、効率的にアプリケーションをダウンロードできる、画期的なツール。Macは、Windowsとは異なった方法でアプリをインストールする仕組みになってはいるが、『Ninite』のような発想の「一気にアプリをダウンロードできる」系ツールがあれば、とくにパワーユーザにとって、利便性が高まるだろう。

4. Notepad++

100621winapps-to-mac8.jpgテキストエディタ『Notepad++』は、フレキシブルで拡張性があり、HTMLやPHP、Ryby、Pythonなどのコーダーに使いやすいツール。また、無料でオープンソースなのも魅力だ。以前は『Smultron』も、この領域でがんばっていたが、最近は開発が中止しているようだし、『TextWrangler』も十分な機能がそろっているわけではない。Macユーザとしては『Notepad++』のような、新たなアプリの誕生や『Smultron』の復活が、待ち望まれる。

3. Microsoft Security Essentials

100621winapps-to-mac9.jpgアンチマルウェアテストグループ「AV-Comparatives.org」で、トップの評価を得た『Microsoft Security Essentials』。ウイルスの主なターゲットはWindowsといわれているが、Macがウィルスの脅威から逃れられるわけではない。むしろiPhoneの影響で、ターゲット度は高まっている。米Lifehackerの読者アンケートによると、68%のMacユーザがアンチウイルスアプリを導入していないそうだが、『Microsoft Security Essentials』のような軽量でアジリティがあり、マルウェア保護にも長けたアプリケーションは必要だろう。

2. AutoHotkey

100621winapps-to-mac10.jpg『AutoHotKey』は、Windows内のすべてのものを操作できるスクリプト言語だ。『Texter』や『Belvedere』もAutoHotKeyでできている。また、How-To Geekでは(英分サイト)、Windowsをより快適に使うための、AutoHotKeyツールが公開されている。MacにはAppleScriptがあるが、AutoHotKeyほどではない。

1位. Paint.NET

100621winapps-to-mac11.jpg『Paint.NET』は、『Photoshop』や『GIMP』ほどガッツリした画像編集ソフトではなく、むしろペイントのような画像ビューワや、軽いエディターに近い。初心者でも、画像の編集、リサイズなどがカンタンにできる。一方、Macにはこれほど単純なソリューションは見当たらない。しいて言えば、あらゆるOSに対応しているオープンソース『Pinta』が『Paint.NET』に近いかも。

Windowsユーザの方も、これらのアプリケーションを改めてみてみると、「こんな便利なもの、あったのか~」と、新たな発見があるかもしれませんね。WindowsとMacは、そもそもの造りが異なるため、単純に比較することはできませんし、実装できるもの、できないものがあります。しかし、いずれのユーザさんにとっても、より便利で快適な環境と、幅広い選択肢を与えてくれるのが理想です。

Macユーザの方々で、このほか「これはほしい!」と感じるWindowsアプリがあれば、ぜひコメントで教えてくださいね!


Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.