• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  08:00 AM

肉を肉で挟むという驚愕バーガーをフレンチディッシュに仕立てる方法

肉を肉で挟むという驚愕バーガーをフレンチディッシュに仕立てる方法

100621KFC_cordonblue.jpgのサムネール画像


パンの代わりに肉で挟むという、いかにも高カロリーなハンバーガー「ダブル・ダウン・サンドウィッチ(Double Down Sandwich)」が、米国のケンタッキーフライドチキン(KFC)で、4月から発売されています。ジャンクフードファンから絶賛される一方、栄養専門家などからは非難を受けているそうで、賛否両論の問題作としても話題になっているとか。

では、まずは実物をご覧あれ。「ダブル・ダウン・サンドウィッチ」のテレビコマーシャル動画が、以下です。チーズ2枚とベーコン2枚を、フライドチキン2枚で挟むだけという、シンプルで大胆すぎるバーガーですね。



さて、フード系ブログメディア「Slashfood」では、このジャンクフード感満載な「ダブル・ダウン・サンドウィッチ」をリメイクして、オシャレなフレンチディッシュ「チキン・コルドンブルー」に仕上げよう、というレシピを紹介しています。

 


「チキン・コルドンブルー」は、チキンの中にハムとチーズを挟んで焼いたもので、かつては、高級な鶏料理として君臨していたとか。とはいえ、材料は「ダブル・ダウン・サンドウィッチ」の構成アイテムとほとんど同じなので、これを使えばカンタンに作れそうですね。

この記事によると、チキンに衣がついているため、肉同士が馴染みにくく、チーズやベーコンをくるめないがネックだったそう。そこで、チキンの片側だけ衣をはがし、肉の表面を出すことにしたとか。こうすると、肉同士をぴったりくっつけることができます。

これらのコツも含め、「ダブル・ダウン・サンドウィッチ」から「チキン・コルドンブルー」を作る手順は、以下のとおり。

1: 中身がとろけたりベタベタくっつかないように、バーガー全体を冷ます

2: チーズとベーコンを取り出す。

3: チキンの片側だけ衣をはがし、肉の表面を出す

4: チキンの真ん中に切れ目をいれる。

5: ステップ4の切れ目に、チーズとベーコンをつめる。

6: チーズが溶けるまで、20秒ほど電子レンジで温める

7: 適当なサイズに切り分けて、お皿に盛れば出来上がり!

せっかくついた美味しい衣をはがしてしまうなど、「ここまでして、別の料理に変えなくても...」という気もしないでもないですが、そのまま食べるのではなく、材料に見立てるというのは、新しいファストフードの楽しみ方かもしれませんね。

ちなみに、「ダブル・ダウン・サンドウィッチ」の日本発売は、いまのところ予定されていないようですが、ここまで突き抜けたハンバーガーなら、高カロリーを承知で、一度は食べてみたいものです。


Chicken Cordon Deux (Fancy KFC Double Down) [Slashfood]

Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.