• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  04:00 PM

iPadにオシャレにまとわせる! モレスキン風のiPadケースをDIY

iPadにオシャレにまとわせる! モレスキン風のiPadケースをDIY

100618ipad_case.jpg


iPadはちょっと手になじみづらい大きさ。ついうっかり落としてガラスを割ってしまうと、お財布もココロも痛みます。安全かつオシャレに、iPadに衣をまとわせてみましょう。

ギーク系ブログメディア「The Modern Day Pirates」では、モレスキン風のiPadケースをDIYする術を紹介しています。

 


材料は

  • ライナー紙 1枚(3.50ドル)
  • 厚手のボード紙「Davey Binder's Board .098」 1枚(3.75ドル)
  • 黒ビニールレザー「Imitation Leather Black Morocco」 1枚(6.75ドル)
  • 弾性のある黒いリボン(1.50ドル)
  • 木工用ボンド

材料費は18.75ドル(約1,700円)程度です。

お手ごろなiPadカバーとしては『DODOcase』が、49.95米ドルで市販されていますが、やはり自作するより割高ですし、現在在庫切れとのことですので、サクっと自分で作ってしまうのも、一法かもしれませんね。トライしてみたい方は、こちらの画像付チュートリアルを、ご参照ください。

あくまでも「市販グッズ派」という方は、ゴムっぽい素材の『SOFTSHELL for iPad』や、お風呂でもiPadが使える防水ケース『WATERWEAR for iPad/Tablet PC』というのもありますよ。また、iPadケースだけを集めたウェブサイト「iPAD CASE Finder」で、お気に入りのデザインを探してみるのもよさそうです。

作る過程も楽しみながら、100%自分好みのものをDIYするもよし、多種多様な市販品から「これぞ!」というものを選ぶもよし。使うシチュエーションや、持ち歩きの頻度なども考慮して、ご自身に合ったケースを、iPadに着せてあげてくださいね。


How to Make a Moleskine iPad Case [The Modern Day Pirates via #tips]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.